on-the-time.jp

2016年04月17日

米国戦闘機に、ロシア戦闘機が15m以内接近!

戦争と平和

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、米国空軍戦闘機は、それからど15mで飛んだとして、ロシアのジェット戦闘機は「不定な実行と攻撃的な工作」で出現したと報告した。

これはもう、実戦状態で、米国戦闘機とロシア戦闘機がここまで接近して空中で撮影された写真は初めて見た。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

先日来、バルト海を航行する米国の軍艦に以上接近するロシア戦闘機は、多く報告されていたが、この出来事は、2016年04月14日木曜日に国際空域の規定通りのフライトの間に、バルト海の上空で起こったと、米国ヨーロッパコマンド(US European Command)は言った。

米国戦闘機は、「危険で、プロとしてふさわしくない方法で、ロシアのSU-27に妨害された。」と、コマンドのスポークスマンであるダニーエルナンデス(Danny Hernandez)は、CNNに話した。

「単独パイロットの危険で、プロとしてふさわしくない行動は、国の間の緊張を不必要にエスカレートさせる可能性を持っている」と、彼は言った。

ロシアのジェットが、バルト海にいた米国駆逐艦ドナルド・クック(US destroyer Donald Cook)の近くをジェットが通過した数日後に、出来事は来た。1ポイントで軍艦の9m以内に来たロシアのSu-24戦闘機機が何回も攻撃的に通過した。

米国国務長官ジョンケリー(The US Secretary of State, John Kerry)は、この行動を批判し、そして撃墜であったかもしれない約束の規則の下で「私達はこの種類の行動を非難する。それは無謀である。それは挑発的である。それは危険である。」
「人々は、これが重大なビジネスであり、米国が威嚇されようとしていないと理解している必要がある。」と言った。

ホワイトハウススポークスマンジョシュ・アーネスト(White House spokesman Josh Earnest)は、米国は「ロシア人と私達の懸念を引き起こした」と言った。「私は、あなたに、その通信が起こったと言うことができて、私達は、確立している軍隊チャンネルを通して私達の違いを解決することに努める。」と言った。

ロシアの防衛軍隊スポークスマンのイゴール・コナシェンコフ(Russia's defence military spokesman Igor Konashenkov)は、「ロシア航空宇宙軍の航空機のすべてのフライトは、ニュートラルな水域の上の領空の使用において国際的な規則に従って厳密に実行される。」と米国が過激に反応したと言った。

「私達のアメリカの同僚のそのような痛い反応の理由を理解してはならない。」と、防御省に言うと、彼は付け加えた。

「バルト海のロシア海軍ベースに近く近接にいる米国駆逐艦のためのナビゲーションの自由という原則は、ロシアの航空機のためのフライトの自由という原則を破棄しない。」と、役員は言った。

ただ遊んでいるだけということかもしれない。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告