2016年04月17日

古いロンドンの住宅団地には、『猫のサイズ』ねずみ!

自然

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、南のロンドン住宅団地で暮らしている、『猫のサイズ』巨大なねずみが見つかっている。

ペスト・コントローラのディーン・バー(Pest controller Lord Dean Burr)は、地所の検査の間に約2ftの長さであった6匹の齧歯類を発見した。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

36歳の自称ウィンブルドンの「人々の神」(“People’s Lord” of Wimbledon)は、彼が、お互いに利用することによってそんなに大きいように、ねずみが成長すると考えられると言った。

彼はデイリー・スター(Daily Star)と話すことによって、「これらのねずみは、小さいネズミを食べて、彼らは、それらが死ぬと、お互いに食べる。従って、これらのねずみが、より小さいねずみを攻撃し、食べることによってそんなに大きくなったことは可能である。」

「1回の急襲において6匹の大きいこれを取ってくるので、私は、ファミリーの大多数を得たことを計算する。」と言った。

「それらが大きかったこと、 長さ1フィート から2フィートである。それは猫のサイズである。」

15年前、ねずみキャッチ会社を設定したディーン・バーは、それが、これまで彼が見たことがあった最も大きい害虫であると言った、そして、齧歯類は、わなでそれらを捕まえるより大きすぎるようになった。

先月、長さ4フィートのねずみは、申し立てによると、ロンドンのハクニーダウンズ(Hackney Downs, London)で、フラットのブロックで働いていたガスエンジニアトニー・スミス(Tony Smith)により捕まえられた。

巨大な害虫は汚されて、低木に子供の運動場の近くにあったけれども、ねずみのサイズを誇張するために、強制されたパースペクティブを使用して、それらが後で、実のところ巨大なねずみを持つ写真を示しているスミスが誤り導いているのに感付いた。

2016-03-11---大都会ロンドンで、『小さい子供より大きい』を巨大なねずみを発見!
2016-01-28---ロンドン地下鉄運転手が明かす。ロンドン・チューブの13の秘密。
2015-10-07---ロンドンのアンダーグラウンド言語。
2014-11-16---ロンドンのアンダーグラウンドの世界。
2014-03-27---ストックホルムで見つかった巨大なネズミは、大見だしで報じられた。
2010-07-28---東ティモールで小型犬ほどの大きさのネズミの骨格化石を発掘。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

gaYa広告