2016年04月14日

アテネで、古代の「集団墓地」発見!

超過去

AFPは2016年04月15日に、ギリシャの首都アテネ(Athens)近郊で、男性の骨80体が埋められた集団墓地2か所が見つかったと報告した。

考古学者らは、これらの人骨について、古代アテネの僭主(せんしゅ)になろうと反乱を起した貴族キュロン(Cylon)の追随者らのものである可能性があると伝えている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

地方考古学局のステラ・クリソーラキ(Stella Chryssoulaki)局長が2016年04月14日に、ギリシャの古代遺産を管理する考古学中央評議会(Central Council of Archaeology)で今回の調査結果を発表した。

ギリシャ文化省の声明によると、今回の発見は「非常に重要」なものであるとして、評議会はさらに詳細な調査を開始する予定だと伝えている。

考古学者チームは、人骨とともに見つかった小型のつぼ2個から、集団墓地の年代を紀元前675〜650年頃と特定した。
ギリシャ文化省によると、これは「同地域で大きな政治的混乱が起きた時代」だと話している。

アテネ郊外の海近くにある古代墓地跡の発掘調査中に見つかった人骨は、並んだ状態で発見された。
うつぶせのものもあれば、あおむけのものもあり、うち36体には、鉄製の手かせがはめられていた。
発掘現場は、新たな国立図書館(National Library of Greece)と国立歌劇場(National Opera)の建設予定地となっている。

考古学者チームの調査では、見つかった歯の健康状態が良好であることが分かった。
これは、人骨が若く、健康な男性のものであることを示している。
この事実から、男性らがキュロンの追随者だった可能性があるとする説を後押ししている。

キュロンが紀元前7世紀に企て、失敗した反乱については、古代歴史家のヘロドトス(Herodotus)やトゥキディデス(Thucydides)の書に詳述されている。

有力貴族アルクメオン家のメガクレス(Megacles)は、反乱の共謀者らを皆殺しにした。だがこの行為は、神聖を汚すものとして、市の権力者らから非難された。
歴史学者らによると、古代アテネ史におけるこの劇的な一幕は、2500年間に及ぶアテネ民主政の到来を告げる政治的転換への貴族社会の抵抗の表れだったと話している。

文化人類学者の友人たちは、これを分析することだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

gaYa広告