2016年04月03日

エール・フランスのキャビンクルーは、ヘッドスカーフ問題でイラン・フライトを拒否。

観光宗教

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、いったんそれらがテヘランに着陸し、降機したらヘッドスカーフを身に着けているように命じられた後に、今月後からサービスが再開する時には、何人かの女性のエール・フランス(Air France)キャビンクルーが、イランに飛ぶことを断っていると報告した。

判決をその女性の従業員に命じた航空会社チーフは、2つの国間での雪解けに続いて、2016年04月17日がテヘランとパリの間のフライトを再開することを予定している。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

フライトは、イランが核の野心上の国際的な制裁により打たれた2008年に中断された。

イランの女性は、法律のため、1979年イスラム革命以来それらの毛を踏破することを強制された。

航空会社管理に、自発的な手段として、それをするように頼んでいると、SNPC組合のクリストフピエは、AFP通信社に話した。「毎日、私達は、ヘッドスカーフを身に着けたくないと言って心配している女性のキャビンクルーから電話を受ける。」

彼は、エール・フランスのチーフが、メモで、彼らに、女性の従業員が、「フライトの間のウェアズボンと、ゆるんだ器具ジャケットとスカーフ」が、「出発飛行機のそれらの毛を踏破する」のに必要であると知らせ、スタッフに送っていると付け加えた。

UNACフライトクルーの組合のヘッドFlore Arrighiは,「判断を、イランのヘッドスカーフまたはベールをかぶることに宣告することが、私達の役割ではない。私達が弾劾しているものは、それが強制的にされていることである。スチュワーデスは、これらのフライトを断る権利を与えられなければならない。」と言った。

エール・フランスは、AFP通信社に、すべての搭乗員は、「他の外国の訪問者のように、それらが旅行した国の法律を尊重することを義務づけられている」と言った。

「イランの法律は、髪の毛をカバーしているベールがその領域のすべての女性により公的な場所にかぶられることを必要とする。

「フライトの間にあてはまらないこの義務は、イランに飛んで行くすべての国際的な航空会社により尊重される。」と、航空会社は言った。

エール・フランスは、テヘランへのフライトが止められて、また同様、サウジアラビアに飛んで行く前に、それがあてはまったので、規則が「新しくない」ことであると付け加えた。

しかし、国によては職業でヘッドスカーフなしが許されている。

2014-05-12---イランの女性は、ヒジャーブを脱ぎ捨ている。
2014-04-25---イランの女性は、厳しいヒジャーブ規則に従うのに乗り気ではない。
2014-04-20---イラン大統領ルンハニは、女性のための平等の権利を促す。
2013-03-25---フランスのヘッドスカーフ禁止と反動。
2011-04-11---フランスで初のイスラム教のベール禁止法違反で罰金刑を発行!
2010-09-14---フランスでブルカ禁止法が成立した。
2007-06-04---女性TV局社員15人に、殺人予告!
2004-09-02---フランスの発効した顕著な宗教的シンボルを禁止する新しい法律。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。