on-the-time.jp

2016年03月27日

特報!シリア国軍が、古代の都市パルミラを完全に奪還!

超過去宗教戦争と平和人物

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年03月27日に特報として、シリアのメディアリポートによると、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」のジハーディスト・グループ(The Isis jihadist group)は古代シリア都市のパルミラ(ancient Syrian city of Palmyra)から追放されて、政府軍は「完全なコントロール」を取り戻したと報告した。

交戦するグループの上の主要な象徴的な勝利であるものにおいて、シリアの国営TVリポートは、軍隊のソースを引用し、軍隊が民兵組織同盟国の助けによって都市を取り戻したと伝えている。

バシャー大統領アル・アサドに忠実な軍隊(Forces loyal to President Bashar al-Assad)は、2016年03月27日日曜日の朝.「パルミラの都市の上の完全なコントロール」を奪還したと、 軍隊のソースは言った。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

シリアの戦場からリポートを確認することが難しい間、独立な監視グループは、主として正確に出た国のメディアリポートをロイター通信社に話した。

人権のためのシリア観測所のスポークスマンは、いくらかの発砲が都市の東の地域にとどまると言ったけれども、IS力の大きさは政府コントロールの下の東に去りパルミラから出て行った。彼はそれをグループのための最も大きい失敗と評した。なぜなら、それは2014年06月にその領域を横切るカリフの地位(caliphate)を宣言したからである。

つまり、イスラム過激派組織「IS(Islamic State/イスラム国家)」は、カリフの地位を宣言した土地から出て行ったことになる。

ISは、最初、ジハーディスト・グループが彼ら自身の宣伝ビデオによってそれらの国のメディア主張に耐えたけれども、2016年03月26日土曜日に、パルミラの戦いを損なったと報告された。

何人かのon-the-ground activist(地上活動家)は、まだ、グループが3つの地域都市に保持していることを提案しているけれども、現在それが、その部隊の大多数は土曜日の夜にコース上から逃げたことがクリアのようである 。

シリア観測所のディレクターラムス・アブドゥルラハム(Rami Abdulrahman, the director of the Syrian Observatory)は、集中的な3週キャンペーンの絶頂の後に、戦いha、400人を超えるIS戦闘員のボディが、ロシアの空襲によってサポートされたアサド軍に放置されていかれたと伝えていた。

ISも、ロシア軍の怖さを知ったようである。
ソマリアの海賊も、ロシア海軍の追撃に、すぐ降参した。
なぜなら、重機関銃の攻撃で海賊の仲間が一瞬で粉々になって消えた!残った海賊は、次は自分が粉々にされると考え、即刻銃を捨て投降した。

世界中で中東の最も素晴らしい古代ローマ廃墟のうちのいくつかへのユネスコ世界遺産サイトとホーム、ISへのパルミラの損失が悼まれた。

ジハーディスト・グループは、スンニ派イスラム教のその超保守的な解釈によって適合していなかったその領域内のどのような宗教のシンボルと構造でも破壊することの実績を持ち、それらを、崇拝すると表現した。

確かに、2015年05月に古代都市を取ったこの数ヶ月内で、ISは、行為のその最も精巧な寺院建物および発表された証拠のうちの2つをオンラインで破壊した。

象徴的に重要であるけれども、パルミラの隣の現代の都市は、シリアの東の砂漠の多くに主要な戦略的なゲートウェイでもある。

ただし、これを喜んで良いのかどうかは、あと数年必要かもしれない。
なぜなら、彼らが世界中で潜行し、地下活動による世界規模のテロが起こるかもしれない。

古代シリアサイトのパルミラ(ancient Syrian site of Palmyra)のGoogle Earthポインター情報
34°33'36.0"N 38°16'02.0"E
まらは、
34.560000, 38.267222

2015-12-21---IS支配地域が今年14%縮小した。
2015-10-17---ユネスコが、軍隊派遣を承認。
2015-10-05---ISによるパルミラの破壊状態。
2015-09-01---国連は、パルミラのBel寺院は破壊されたと言った。
2015-08-18---82歳のパルミラ遺跡管理元責任者をISが斬首した。
2015-07-05---IS宣伝ビデオは、パルミラでた25人のシリア兵を殺害。
2015-07-02---パルミラの彫像破壊するISの画像を公開。
2015-05-21---IS、シリアの古代都市パルミラを完全制圧。
2015-05-20---ISが、古代の遺跡パルミラの隣の町に入った。
2015-05-17---指令:古代の遺跡パルミラをISから守れ!
2015-05-16---2013年07月まで、エジプト大統領だったムハンマド・モルシに死刑判決。
2015-04-21---エジプトの元大統領モルシに、禁錮20年の判決。
2015-04-11---ムスリム同胞団のチーフに死刑を宣告。
2015-03-12---バーミヤンの仏陀破壊を手伝った人。
2015-02-28---イラク国立博物館が12年ぶり再開!
2015-02-26---文明の揺りかごを横切るアートとISの戦争。
2014-09-19---衛星画像で、シリアの古代史文化遺産の破壊を確認。
2014-07-09---シリアの古代の宝は、どのように破壊されているか!
2014-03-25---エジプトで、何人のムスリム同胞団に死刑を宣告するのか?
2014-03-08---バーミヤンのアフガニスタン・スキーヤー。
2013-12-28---ムスリム同胞団支持者は、カイロの大学建物に火を付けた。
2013-11-28---エジプトは、プロ・モルシ・デモンストレーションで少女を投獄。
2013-11-04---補佐はムハンマド・モルシ排除を詳述。
2013-11-04---テレビで、裁判所に到着したムハンマド・モルシの映像を放映。
2013-10-09---エジプトはムハンマド・モルシの裁判を11月4日に開廷。
2013-10-06---エジプトのデモンストレーションの中の衝突、50人以上が死んでいる。
2013-09-25---エジプトは、ムスリム同胞団新聞を閉鎖。
2013-09-23---エジプト裁判所は、ムスリム同胞団の「活動」を禁止。
2013-08-19---エジプトの警察は、シナイのラファで待ち伏せにより、24人が死亡。
2013-08-17---ムスリム同胞団支持者、カイロのモスクで緊張した孤立。
2013-08-16---アラブの春で,幸せだったことが、どのように悲劇に変わったか?
2013-08-15---カイロのスクエアー抗議運動。
2013-08-15---エジプトの暴動での死者数が、発表されるごとに上昇し、525人を越えた。
2013-08-04---エジプトは、ノーベル平和賞受賞者カワクル・カルマンの入国を拒否!
2013-07-27---今回のカイロ抗議で、100人が殺され、1,500以上が負傷。
2013-07-06---エルバラダイの臨時首相任命に、疑問符?
2013-07-06---エジプトの危機、ムスリム同胞団は次に何をするか?
2013-07-03---エジプト軍が、実質的クーデターでモルシ大統領を排除!
2013-07-03---エジプト暴動と不安のタイムライン。
2013-05-10---文化戦争、なぜ文化遺産は攻撃されるのか?
2012-08-12---バーミヤンのブッダは、再建されるべきか!?
2011-10-03---イギリスのチャリティ団体が、アフガニスタン女性の脅威を訴えた!
2010-05-06---ソマリの海賊、大誤算!
2005-06-13---イラク博物館で盗まれた遺物キャンペーンが始まった。
2005-06-11---イラク博物館で盗まれた遺物掲示板 in NewYork

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。