on-the-time.jp

2016年03月21日

TelenorはパキスタンのTameerミクロファイナンス銀行のレストを買う。

モバイル・マネー

いよいよモバイル・マネー会社が銀行を買収し始めた。
モバイル・マネー会社にとって、銀行を買収は大きな進化である。

特に、発展途上国で激しくなることだろう。

Mobile World Liveは、TelenorパキスタンがTameerミクロファイナンス銀行(Tameer Microfinance Bank)の株式49%を取得したこととは、すでにそれが所有していないこと、国のモバイル金融市場についての2つの会社の成功の合図になっていると報告した。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

オペレータと銀行は、パキスタンの金融サービスセクタの重要なプレーヤーとして、Easypaisaと呼ばれるサービスを開発した。

金融サービス、Telenorグループのヘッドであるタイン・ウォーレベッケ(Tine Wollebekk, Head of Financial Services, Telenor Group)は、「この獲得は、国の未貯金であった人口に広いスケールの金融サービスを提供するために、私達にいっそう強いプラットフォームを与える。それは、パキスタンのデジタル化している金融サービスにおいて私達のリーダーシップポジションも強化する。」と言った。

銀行は、Telenorグループ内で。ほとんど所有されているエンティティになる。

買収は人員変化に関係する。
創設者ナデム・フセイン(Founder Nadeem Hussain)は取締役会メンバーとして、滞在しているけれども、銀行の社長兼CEOは降りる。

彼はアリ・チャンダリー(Ali Chaudhry)に取り替えられる。変化にはパキスタン銀行から承認が必要で、承認の日付から効果がではじめる。

「これらのような変遷は、いつも、複雑な感情の瞬間である。もちろん、私は、少量それが愛情の長い仕事および10年の革新を表して、Tameerを残すので、悲しいでいるけれども、その発展においてそれが次のステップに前進するので、私はむしろ興奮している。」と、フセインは言った。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。