on-the-time.jp

2016年03月21日

光学式の幻覚で判る健常者と精神分精神分裂症患者の違い。

健康

あなたは、精神分裂症患者?

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、光学式の幻覚は、間違いのイメージを見ることで、現実をだます人々を中断するそれらの能力のため、魅力的である。

そして、研究は、1つの特定の幻覚が、精神分裂症に苦しむ人々を騙すことに失敗することを示している。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

中空のマスクは、ビューアが凹面に気づいていること、凸面の面というよりも幻覚である。

平均的な脳は、世界が、それが見るものボトムアップ(bottom-up)および経験に基づく予想トップダウンの処理(top-down processing)に、つながっているリポートの組み合わせを使うことに気づいている。

ハノーバー医学大学のダナイ・ディマ(Danai Dima, Hannover Medical University)とUCLのジョナサン・ロイサー(Jonathan Roiser of UCL)は、fMRIマシンを通して16の健康な主題および13人の精神分裂症患者を置き、それらがイメージを与えられた時に、それらの脳活動を測定した。

ダナイ・ディマは言った:

私達の頭のトップダウンの処理支配力メモリーすべてのモデルは、面出を持っている、従って、私達が面を見る時には、いつでも、もちろん、それは出る必要がある。

健康な人がイメージを見た時に、そのリンクは、イメージを受け取る脳のトップダウンのプロセスとビジュアルなエリアの間で強くなっていた。

そのようなものは接続の力であり、彼らが、それを、それであると知っている時にさえ、それは人を幻覚に気づかせる。

しかし、精神分裂症患者は、妄想と幻覚に陥りやすくこの接続を持たず、イメージを見る。

イメージが、成長するまたは変わる色を動かしているようであるかどうかにかかわらず、科学者は、どのように脳が働くかを理解するための方法として光学式の幻覚を使い続ける。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。