2016年03月21日

あなたの寝室の色があなたについて言うこと!

性とメディア

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、Travelodgebにより実施された非常に科学的(!)な調査によると、キャラメル(Caramel)は、最もセクシーな色であると報告した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

Her.ieリポートで、茶色に着色された壁を持つと主張するカップルが最も多くのセックスをしていたと報告した。

それらの寝室の色、および研究は、2000対はそれらの性的な遭遇の頻度について要求された。
その結果、『キャラメル』色づいた壁を持つカップルが、1週あたり性的アクティブが3回であると気付いただけでなく、見たところ、カラメル茶色は、催淫剤の形として役立つチョコレートについて考えることで脳をだましていた。

長い間情熱と熱望と関連したこと、得点されることについての対比で、赤は最も低く 、およびこの色の壁を持つカップルには、1週あたりセックスがほんの1回であった。

青色の着色された壁は、不眠症から最も多くを被る紫色で仕切られて眠っている人に対して、最もよい睡眠を提供する。

灰色の壁は、オンラインで買い物する傾向を示した。それは、すべてのそれらの借り越された銀行預金口座を説明できる…

最終的に、結果は壁の色にあるようである。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。