2016年03月21日

イタリアで、保護種に指定されているヒグマ1頭の死骸を発見!

自然

AFPは2016年03月22日に、イタリアで保護種に指定されているヒグマ1頭の毒殺の可能性がある死骸が、イタリア北東部のトレンティノ・アルトアディジェ(Trentino Alto Adige)州で発見されたと報告した。

大型のヒグマが道路脇に横たわっているのをトラックの運転手が発見した。
このヒグマはヨーロッパ・ヒグマ(European Brown Bear)の8歳の雄で、発見された時、死後2、3時間が経過した状態だったという。

ほぼ1年前の2015年08月09日にも、トレンティノ・アルトアディジェで攻撃された後、ヒグマ1頭が毒殺される事件が発生している。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

トレンティノ・アルトアディジェ州は声明で「これまでの情報によると、死因は毒殺とみられる。こうした情報は、他の分析によって確認される見通し」だと述べた。

当局によると、イタリアにはトレンティノ・アルトアディジェ州とベネト(Veneto)州の間の山岳地帯を中心に、約50頭のヨーロッパヒグマが生息している。また、イタリア中部には、ヒグマの亜種のマルシカヒグマ(Marsican brown bear)が同じく50頭ほど生息しているという。

「再野生化」計画の下、西欧の各地域にヒグマが再導入されたが、家畜が襲われるなどしたため、地元の人々は近年、ヒグマに敵意を向けるようになっている。東欧で、ヒグマは絶滅に直面したことはない。

雄は最大で体重350kg、雌は200kgにもなるヒグマは、人間の追っ手を容易に振り切ることができる。後ろ足で立った時の身長は、最大で2mに及ぶ。雑食性で、液果類や木の実に加えて小動物、ヒツジや子牛などの大型の動物も食べる。

世界自然保護基金(WWF)によると、ヒグマは、他の動物の個体数の抑制や、ふんによる「種子散布」などに重要な役割を担っているという。

イタリアの自然保護官らによると、クマに襲われる統計的確率は、ハイカーが崖から落下したり、車にひかれたり、リードが外れたイヌに攻撃されたりする確率よりも低いという。

そういえば子供の頃。公園の檻の中の熊に、子供が熊さんだと言って近づき、殺された事件があった。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。