gaYa広告

2016年03月21日

イタリアで、保護種に指定されているヒグマ1頭の死骸を発見!

自然

AFPは2016年03月22日に、イタリアで保護種に指定されているヒグマ1頭の毒殺の可能性がある死骸が、イタリア北東部のトレンティノ・アルトアディジェ(Trentino Alto Adige)州で発見されたと報告した。

大型のヒグマが道路脇に横たわっているのをトラックの運転手が発見した。
このヒグマはヨーロッパ・ヒグマ(European Brown Bear)の8歳の雄で、発見された時、死後2、3時間が経過した状態だったという。

ほぼ1年前の2015年08月09日にも、トレンティノ・アルトアディジェで攻撃された後、ヒグマ1頭が毒殺される事件が発生している。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

トレンティノ・アルトアディジェ州は声明で「これまでの情報によると、死因は毒殺とみられる。こうした情報は、他の分析によって確認される見通し」だと述べた。

当局によると、イタリアにはトレンティノ・アルトアディジェ州とベネト(Veneto)州の間の山岳地帯を中心に、約50頭のヨーロッパヒグマが生息している。また、イタリア中部には、ヒグマの亜種のマルシカヒグマ(Marsican brown bear)が同じく50頭ほど生息しているという。

「再野生化」計画の下、西欧の各地域にヒグマが再導入されたが、家畜が襲われるなどしたため、地元の人々は近年、ヒグマに敵意を向けるようになっている。東欧で、ヒグマは絶滅に直面したことはない。

雄は最大で体重350kg、雌は200kgにもなるヒグマは、人間の追っ手を容易に振り切ることができる。後ろ足で立った時の身長は、最大で2mに及ぶ。雑食性で、液果類や木の実に加えて小動物、ヒツジや子牛などの大型の動物も食べる。

世界自然保護基金(WWF)によると、ヒグマは、他の動物の個体数の抑制や、ふんによる「種子散布」などに重要な役割を担っているという。

イタリアの自然保護官らによると、クマに襲われる統計的確率は、ハイカーが崖から落下したり、車にひかれたり、リードが外れたイヌに攻撃されたりする確率よりも低いという。

そういえば子供の頃。公園の檻の中の熊に、子供が熊さんだと言って近づき、殺された事件があった。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。