on-the-time.jp

2016年03月21日

これから飛行機に乗る人は、航空会社をチェックすべきである!

観光

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は2016年01月05日に、世界で最も安全基準が低い航空会社トップ10を公開した。この情報は非常に危険なので、2016年03月21日に再掲載した。

この最も危険な航空会社で飛び立とうとしていたら、思いとどまるべきである。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

世界で最も大きい航空会社の年間調査は、最も悪い安全記録によってそれらを明らかにした。

政府監査と災害は、個々の航空会社のために記録するだけでなく、AirlineRatings.comは飛行制御ボディとリード協会から監査を調査した。

それは、また、航空会社の操作上の履歴、付帯的なレコード、および操作上の優劣を見た。

Webサイトは、それらを最高7つの星に授与して407の航空会社に安全格付けを提供した。

それらで、148は一番上の格付けを与えられた一方、約50はちょうど3つの星またはそれ以下であった。

最悪のトップ10は、2016年のための星数は、1または。0の航空会社であった。

私は今までに、これは飛ばないだろうという飛行機に何度か乗った!

1回は、すべてのメーターがなかった!
ただメーターがあるところに穴が空いていた。

では、期待の最悪航空会社トップ10
1) Batik Air

2) Bluewing Airlines

3) Citilink

4) Kal-Star Aviation

5) Lion Air

6) Sriwijaya Air

7) TransNusa

8) Trigana Air Service

9) Wings Air

10) Xpress Air

このチェックには、当然パイロットの精神的サポートも評価されている。
星0は、精神的サポートがないということである。

2016-03-14---パイロットから見て、世界で最悪の空港トップ10。
2016-01-29---カタール航空は、約18時間34分の世界最長定期フライトを提案。
2016-01-03---民間航空機で、2年間に約900人以上が殺された。
2015-12-05---航空会社のパイロットが話さない8つのこと!
2015-11-08---その男性は、一晩空港に居残ることになり、空港でミュージック・ビデオを作った。
2015-10-30---フィリピンの空港セキュリティは、乗客の荷物に銃弾を入れる!
2015-10-20---飛行機の客室乗務員は、乗客が本当に考えることを明らかにする。
2015-04-15---世界で『最も強力』なパスポート・ランキング。
2015-03-02---世界で最も高価な都市シンガポール。
2015-02-02---世界で最も安全な都市トップ10!
2013-12-24---予約したい航空会社と避けたい航空会社。
2013-10-25---シンガポールの空港が、アトラクション・ホールに化けた。
2013-10-22---「世界で最悪」の空港は、フィリピンのマニラ空港?

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。