on-the-time.jp

2016年03月20日

紀元前約1万500年頃からアイルランドに人間が存在していた。

超過去

AFPは2016年03月21日に、アイルランドの洞窟で発見されたクマの骨を分析した結果、これまで考えられていたより2500年早い紀元前約1万500年頃からアイルランドに人間が存在していたことが分かったと、研究者らが2016年03月20日に、明らかにした。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

これまで数十年にわたり、アイルランドに人間が住み始めたのは紀元前8000年頃とされてきたが、クマの膝の骨を放射性炭素年代測定で分析したところ、約1万2500年前の紀元前約1万500年頃、人間によって解体されたことが判明したという。

スライゴ工科大学(Institute of Technology Sligo)の考古学者マリオン・ダウド(Marion Dowd)は、「この発見は、アイルランドにおける人間の歴史に新たな一章を付け加える」と述べた。

膝の骨は、1903年にアイルランド西岸のクレア州(County Clare)にある洞窟で発見された数千個の骨の一部で、調査の結果、アイルランドで旧石器(Palaeolithic)時代に人間が活動していたことが分かった。科学者らはそれまで、その後の中石器(Mesolithic)時代からのみ、人間が活動していた証拠があるとしていた。

今回の研究結果は、学術誌「Quaternary Science Reviews」に発表された。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。