2016年03月03日

MTNの難しい年に、モバイル財務は明るい場所。

モバイル・マネー

Mobile World Liveは、アフリカで巨大なMTNのモバイル・マネー・ベースは、15カ国を横切る3500万まで56%増大し、いくつかの展開がそれらのローカルなユニットへの重要な収益で寄与をし始めた。

全体で、特にナイジェリアのそのドキュメントで十分に裏付けられたトラブルのためMTNは、2015年は「難しい年」と考えられている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

そのパフォーマンスは、「予期されるより下がったこと」であり、非難は、マクロ経済的な条件、通貨問題、競争、および「操作上の挑戦」に降りかかった。

まだ、モバイル・マネーは、グループが資本化したがっている楽天主義のソースを提供していた。
2015年の間に、それは、より敏捷なインフラストラクチャーと、「集中したキャンペーンと誘因を可能にするMTNが競争力を持っている操作と提供するニッチ・サービスを横切る専門の機能を設立する。」と呼んだものに、そのマネー・プラットフォームを移動した。

モバイル・マネー収益は全体に56%増大し、いくつかの市場で会社金庫に真面目な貢献者であり始める。

それは、全体の収益のうちウガンダ(Uganda)の全体の収益の17%、およびガーナ(Ghana)の6.0%およびルワンダ(Rwanda)の6.2%でそれぞれを占めている。

その上の、カメルーン(Cameroon)、ガーナ(Ghana)、およびコートジボアール(Ivory Coast)で強いモバイル・マネーの成長を示され、モバイル・マネー加入者数に含めている市場である。

これらの地域は、もともと銀行口座を持たない人で占められ、モバイル・マネーは、初めてお金という感覚を植えつけたことで、大きく文化として成長している。

これは、大革命である。

お金があったとしても、先進国のようにどんどん新札が発行されないため、新札が病原菌を運ぶことも懸念された。

2015-08-05---MTNはマネー公開を「優先事項」
2015-07-08---MTNスワジランドは、モバイル・マネー・サービスでエリクソンに申し出た。
2015-06-30---MTNは、エリクソン・モバイル・マネー・プラットフォームを採り入れる。
2015-04-23---MTN銀行のモバイル・マネーは拡大。
2015-04-20---ボーダフォンとMTNは、モバイル・マネー・プラットフォームを相互接続。
2015-03-26---小売店をターゲットとするVerifoneが、MTNのパートナー。
2015-02-18---WorldRemitは、オペレータとパートナーシップ拡張でUS$1億を使用。
2015-01-20---WorldRemitは、50カ国から入金可能で、110カ国を超える受領国に送金できる。
2014-12-02---MTNは国境を越える。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。