gaYa広告

2016年03月03日

同時テロ跡地のニューヨークに、世界で最も「高価な」駅が誕生。

経済

AFPは2016年03月04日に、2001年9月11日の米同時多発テロで崩壊したニューヨーク(New York)の世界貿易センター(World Trade Center)ツインタワー跡地の隣に世界で最も「高価な」駅が誕生したと報告した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

1日につき20万人以上の乗客が利用すると見込まれる新駅「ワールド・トレード・センター・トランスポーテーション・ハブ(World Trade Center Transportation Hub)」の設計を手掛けたのは、スペインの建築家サンティアゴ・カラトラバ(Santiago Calatrava Valls)で、その建築事務所関係者によると、当初の建設予算は約US$20億(約2300億円)だったが、工期が数年遅れるなどして工費は最終的にUS$38億5000万(約4400億円)まで膨らみ、世界で「最も高価な」駅になったと、伝えている。

2016年03月03日に初めて一般公開された区画は「オキュラス(Oculus)」と呼ばれる巨大な楕円(だえん)形のホールで、高さは107m、幅は最も広いところで35mある。

ホールは地下鉄11路線、パストレイン(PATH)、バッテリーパークシティー・フェリーターミナル(Battery Park City Ferry Terminal)、ワールドフィナンシャルセンター(World Financial Center)などと結ばれ、2016年08月以降に大型のショッピング・レストラン街もオープンする予定になっている。

ワールド・トレード・センター(The World Trade Center)のGoogle Earthポインター情報
40°42'42.0"N 74°00'45.0"W
または、
40.711667, -74.012500

2014-11-12---ワールド・トレード・センターの宙づりになった場から窓ふき人を救出!
2013-07-17---ニューヨークのWTC輸送ハブは、実現している。
2013-04-27---WTCの近くで、ハイジャックされた9/11のジェット機部品を発見。
2012-09-11---米国多発テロ:9/11攻撃から、11周年。
2012-09-11---宇宙から見た、2001年9月11日のニューヨーク市
2011-08-28---9・11の10年間を定義できる本はあるか?

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。