on-the-time.jp

2016年01月16日

古代のギリシャとローマが、南のインド王国と取引があった。

超過去

Quoraは、2015年07月08日に公開した「I have heard that ancient Greece and Rome were having trades with south Indian kingdoms. But in history, why weren't these given much importance and not talked about?」を再度紹介し、私は、古代のギリシャとローマが、南にあるインド王国と取引にあっていたと耳にした。しかし、これらが歴史でなぜなく、多くの重要性が与えられて、まわりで話さないか?といってきた。

それは専門家のためにかなり重要であるけれども、一般読者から少ない注目を得る傾向がある。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。

アレキサンダーの後で、インドとの貿易で、ギリシャの世界の主要なルートは、陸路でセレウコス王朝帝国(Seleucid Empire)であった。

それは国境をマウリャンス(Mauryans)と共有した。

これは、非常に古いルート早い青銅器時代にまで帰る経路であった。しかし、それが陸路であった。それは遅く、危険で、高価である。

非常に貴重な商品だけに価値があった。

セレウコス王朝は、貿易の西の終わりに独占を持ち、価格を高くしておいた。

それらは、ライバルの手から締め出すために、ゾウでの貿易も独占した。

セレウコス王朝の必殺のライバルであったエジプトのプトレマイオスの王朝(The Ptolemaic dynasty in Egypt)は、インドのためにいつも海路に興味があった。

数世紀の間、沿岸に沿って貿易の経験があった。

最後に、BC60のシーザーの下、ローマに征服されたエジプトの数10年前に、マイオスは、どのように、インド洋の規則的な年間輸送団を作成するために、モンスーンを用いるかを理解した。

現代のスエズであるアルシノエ(Arsinoe)、およびスーダン国境の近くのベレニカ(Berenike)から、特別にデザインされた船を使ってAD1世紀とAD2世紀の大きい数で規則的な航海あった。

つまり、紅海からインド洋に出て、インドまでモンスーンを用いていた。
バスコ・ダ・ガマ(Vasco da Gama)の喜望峰経由の航海より、合理的であった。
ヨーロッパ人は、紅海を知らなかったのだろう。

それはかなり活発な交換であった。

そこで、また、ラオディケア人(Laodicean)とアラブ人(Arabian)が、この市場町ベリカザ(Barigaza)、国のお金と交換される時に利益があるワイン(wine)、好まれたイタリア人に輸入される銅(copper)、すず(tin)、およびリード(lead)、サンゴ(coral)とトパーズ(topaz)、薄い衣類(thin clothing)、および劣った種類のすべての種類(inferior sorts of all kinds)、幅1キュービットで快活着色されたガードル(bright-colored girdles a cubit wide)、ストラックス(storax)、シナガワハギ(sweet clover)、フリントガラス(flint glass)、鶏冠石(realgar)、アンチモン(antimony)、金(gold)、および銀貨(silver coin)、あまり高価ではないことおよび多くではない。

そして、キングが、銀で、歌っている少年のそれらの場所で、非常に高価容器にそこで至るのでハーレム(harem)、素晴らしいワイン(fine wines)のための美しい少女()最も見事の薄手衣類(thin clothing of the finest weaves)を織ること、および最もすぐれた軟膏。

そこで、これらの場所カンショウ(spikenard)、モッコウ(costus)、芳香樹脂(bdellium)、象牙(ivory)、めのう(agate)とカーネリアン(carnelian)、リキューム(lycium)、すべての種類(cotton cloth of all kinds)、絹布地(silk cloth)、ゼニアオイ布地(mallow cloth)、毛糸(yarn)、長いコショウ(long pepper)、およびここで様々な市場町からもたらされるような他の物の綿布から輸出される。

この市場町のためにエジプトからバインドされたそれらは、7月の月ごろに旅を好意的にし、それはEpiphiである。

ローマ人はスパイスと絹衣を特に好んだ。ローマのガラス()、金属加工()、およびインドの貴金属。

ローマ人はエキゾチックな動物も輸入した;そのどのようにアリーナのために彼らがこの虎を取ってきた:

貿易は3世紀(の間にこれを辞退したようであるローマのための非常に悪い期間であった多くの内戦;のため、私が、どれほど貿易の減速がインドでの開発を同時に反映するかを確信しない。

それは4世紀の後に再びどのように回復し、8世紀に最終的にアラブの戦利品が永久の紅海とその時ビザンティン圏までのインド洋からオフにローマ人を切るまで、下に続いた。

コスマスIndicopleustes、アレクサンドリア(Alexandrian)の商人は、6世紀にスリランカ(Sri Lanka)への彼の旅行のアカウントを残した。

500のコスマスIndicopluestes(Cosmas Indicopluestes)により訪問された場所。

スリランカまたはモルジブ(Maldives)のココナッツのコスマスの説明の後の方のビザンティウム複製(A later Byzantine reproduction of Cosmas' description of coconuts)

2013-06-13---日本企業がインドを「アフリカ攻略の拠点」にした。
2014-06-16---ケニアの有名な観光地ラムの近くで、「イスラム教徒」が攻撃。48人死亡。
2014-08-11---インドのメディアは、エボラで騒ぎ始めている。
2014-10-18---不確かな将来。タイの奴隷ロヒンギャ。
2014-11-15---コロンブスが見つける前に、イスラム教徒はアメリカを見つけた。
2014-11-22---ケニアで、武装集団がバス乗客28人を殺害。
2015-12-12---日本は、インドで最初の新幹線のためにUS$120億投資!
1698-07-12---国営海賊船団5隻が、パナマに向けてリース港を出帆した。
1435-06-29---南海遠征の指揮者として有名な鄭和が死去した。
1405-07-11---鄭和が初の南洋遠征へ出発した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。