2016年01月16日

何によって、ローマ人はローマを作ったか?

超過去

Quoraは、ローマ帝国のほとんど展望作家であるマクシミリアン・シンガー(Maximilian Singer)は、クラウディウス皇帝(Emperor Claudius)が、ガリア)Gaul)から地方民を含むことを上院に納得させたかった時に、彼はこのまさしくそのトピックについて、スピーチしている文献があると報告した。

「私は、最初に、私が、私の方法で立っている非常に最初の物であると私が確信している最初の考えを拒絶すると言うべきである。すなわち、まるで私がいくらかの革命の革新を導入するかのようにあなたは私の提案から後退する。

数年この状態といくつ形、および私達の状態が持っていた構成の間で、そのまさしく基礎の時から、いくつかの変化が起こったかについて代わりに考えなさい。

1回で、彼らは一緒に彼ら自身の家族からそれを後継者に手渡さなかったけれども、この都市は王により持たれていた。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

他のファミリーからの人々は王位および何人かの外国人にさえ来た。

例えば、ヌマ(Numa)は、ロムルス(Romulus)に続き、サビニ人(Sabine)であった。
それは確かに、彼を隣人にしたけれども、その時、彼は外国人でもあった。

別の例はタルクイニウス・プリスクス(Tarquinius Priscus)である。

それはアンクス・マルキウス(Ancus Marcius)に続いた。
彼の不潔な血のため、彼の父はコリントのデマラトゥス(Corinthian Demaratus)であり、彼の母は、タルクイニイ(Tarquinii)からで、タルクイニウス・プリスクス(Tarquinius Priscus)は、たぶんギリシャの父(Greek father)とエトルリアの母(Etruscan mother)であった。

そして、生まれは良いけれども、彼女は非常に貧しかった。

それは、彼女が、そのような夫と結婚することを強制された理由である。

タルクイニウス・プリスクスは、彼自身の土地の名誉のポジションから守られて、それから、ローマに移住した。

そこで彼は王になった。

そして、ローマの原型であるセルウィウス・トゥリウス(Servius Tullius)に従って1人の捕虜オクレシア(Ocresia)あたり1人の母として持っていた.エトルリア人によると、彼はチェリウス。ビベンナ(Caelius Vivenna)の忠実な仲間であり、彼の冒険に加わり、後で、[…]国家の非常に大きい有利さで王になった。」

クラウディウスのスピーチが、どれほど、新しい要素を統合し、そのパワーの合併と拡張のためにそれらを使う時にローマの社会が目立っていたかを示す。

外国人をそれらの都市国家に組み入れることができずギリシャ人が大くいて、征服された民族を鎮圧できる間だけ、ローマの最も大きい有利さがであり、ローマ人自身になることは、迅速に捜された相手を破った。

タキトゥス(Tacitus)は、私達に、どれほどよく、征服された敵を扱うために、ローマ人が理解したかに注目せずにはいられないアカウントを与えた。

「アグリコラ(Agricola)は、私的な激励および公的な援助を、寺院、裁判所と住居、エネルギッシュを賞賛すること、および無痛性をとがめることで、建物に与えた。従って、立派な競争は強制に取って代わった。彼がチーフの息子に一般教育を同様に提供し、古代ガリア人の産業の上のブリトン人の自然な能力について、そのような好みを示したので、最近ローマの舌を軽蔑し、それらは、今やその雄弁さを切望した。後に、好みもドレスの私達のスタイルのために生じて、「職服」はファッショナブルになった。ラウンジ、風呂、エレガントな宴会など、一歩一歩、それらの物は、締めるために置くことに導かれた。それらの無知、それらのすべてのこれは、文明と呼んだ。その時それはほんのそれらの労役の一部であった。」

以前の敵へのこの寛大な態度の主要な理由は、「ローマレース(Roman-Race)」と似ていた何もなかったことであった。

ローマは、それ自身の伝説によると、彼の人のために、近いサビニアヌス(Sabinians)をだまして妻を見つけたロムルス(Romulus)と名付けられた人により、大きいパーティーに来ることに導かれた1束の山賊により設立された。

ローマは、ローマの人々(氏族romana)ではなく、共通の利益と状況により呼び集められたよそ者のグループにより設立された。

この傾向は続き、ローマ人は、公民権を、ローマの標準と関税で住んでいた人々に与えて、それらの社会を適応させて、拡大し続けた。

ローマの市民であることの最も大きい特典のうちの1つは、市民が、拷問、懲役、はりつけ、および古代の世界に知られている実行の最も悪い形で助けられたことであった。

裁判官1の前で市民と認められることは、述べて彼の人々または彼の出生地を参照する必要がなかった。
「Ego romanus sum(私は生まれながらにだけローマ人である)」、しかし、彼は、「Ego civis romanus sum(私はローマの市民である)」述べて生きるためのローマの方法に順応した。

2016-01-16---ローマ帝国没落の後に、ヨーロッパの同時代の人々は、全体の低下とよどみの期間に彼らが生きていると信じたか?
2016-01-16---ローマ帝国の時代に、世界地図はどのようであったか?
2016-01-14---ローマ帝国は、どのように「文明化された」か?
2016-01-10---ローマ帝国はどのように崩壊したか?
2014-04-22---ローマ建国2767周年。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告