2016年02月17日

ネアンデルタール人のDNAは、人類大移動の年表を書き換える。

健康超過去性とメディア

AFPは2016年02月18日に、DNA分析に基づき、現生人類の集団は、これまで考えられてきたよりもはるかに早い時期にユーラシア(Eurasia)大陸に到達し、ネアンデルタール人(Neanderthals)と性交渉を持っていたとする研究結果が2016年02月17日に発表されたと報告した。

これにより、人類大移動の年表が書き換えられることになると伝えている。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

イギリスの科学誌ネイチャー(Nature)に掲載された論文では、一部のホモ・サピエンス(Homo sapiens)が、通説より数万年早く、少なくとも10万年前にアフリカ大陸を離れていたことを示す初の遺伝学的証拠を提供している。

Ancient gene flow from early modern humans into Eastern Neanderthals

Martin Kuhlwilm,
Ilan Gronau,
Melissa J. Hubisz,
Cesare de Filippo,
Javier Prado-Martinez,
Martin Kircher,
Qiaomei Fu,
Hernán A. Burbano,
Carles Lalueza-Fox,
Marco de la Rasilla,
Antonio Rosas,
Pavao Rudan,
Dejana Brajkovic,
Željko Kucan,
Ivan Gušic,
Tomas Marques-Bonet,
Aida M. Andrés,
Bence Viola,
Svante Pääbo,
Matthias Meyer,
Adam Siepel &
Sergi Castellano

Nature (2016) doi:10.1038/nature16544
Received 28 July 2015
Accepted 17 December 2015
Published online 17 February 2016

この明白な証拠は、人間の化石ではなく、あるネアンデルタール人の骨に基づくもので、ロシアとモンゴルの国境付近に位置するシベリア(Siberia)南部のアルタイ山脈(Altai Mountains)の洞窟で発見されたネアンデルタール人のゲノムは、正確には21番染色体に、人間のDNAの痕跡が刻まれていた。

これは、ホモ・サピエンスとネアンデルタール人との間の異種性交渉が確認された最古の事例になる。

論文によると、さらに意味深いのは、この発見により、われわれの祖先が人類発祥の地を離れたとみられる時期が約3万5000年も早まったことだと言っている。

論文の共同執筆者でドイツのマックス・プランク進化人類学研究所(Max Planck Institute for Evolutionary Anthropology)の科学者であるセルジ・カステラーノ(Sergi Castellano)はAFPに対し、「現生人類がアフリカ以外の場所にいたことを示す初の遺伝学的証拠」と語った。

2015年10月に発表された、中国南部で8万年〜12万年前の人間の歯が発見されたとする研究論文が今回の発見を裏付けていると言っている。

ただし、この2件を関連付ける根拠はないと書いている。

研究チームは、どちらのケースも、現生人類は東アフリカを離れてアラビア半島を横断したと推測した。
その後、一方は中央アジアやシベリアに向かって北へ進み、もう一方は中東から東アジアに向かった可能性があるという。

科学者らは、最初の現生人類が約20万年前にアフリカで誕生したとの意見で一致している。

今回の研究では、アルタイ山脈のネアンデルタール人と異種交配したのは、約6万5000年前にヨーロッパやアジアに定住した種族とは異なり、むしろ、早い時期に別の人類から枝分かれした集団に属していた可能性があると指摘した。

論文の共同執筆者でイスラエルのヘルツリヤ学際センター(Herzliya Interdisciplinary Center)のイラン・グローナウ(Ilan Gronau)によると、その時期は「現代のアフリカ人が別の集団から枝分かれした約20万年前頃」とみられると言っている。

面白いね〜日本には南からの大和民族と北からの蝦夷民族が、異種性交渉をして、日本人を作っているが、これは、ホモ・サピエンスとネアンデルタール人との間の異種性交渉に似ている。

また、どちらのケースも、現生人類は東アフリカを離れてアラビア半島を横断したと推測した。
その後、一方は中央アジアやシベリアに向かって北へ進み、もう一方は中東から東アジアに向かった可能性があるという。
あくまでも憶測であるが、それらは、日本で再び出会ったかもしれないな〜

そういえば、日本の源氏系と平家系では、陰嚢の大きさと機能が違うと聞いたことがある。

もうこうなると、DNAと身体測定が必要になり、文化人類学の分野になる。
そういえば、ドイツで最初に文化人類学の研究室ができたのは、マインツのヨハネス・グーテンベル大学(Johannes Gutenberg-Universität in Mainz)で、その研究室の3階が寮になっていて、そこには海外から来たスポーツ研修生が住んでいた。

2016-02-08---私は赤ちゃんを望んでいるけれども、私達のセックス1年あたり2回だけ
2016-01-13---インドネシアで、11万8000年以上前の石器発見!
2016-01-11---もし、あなたの先祖が、ネアンデルタールとセックスしていたら---
2015-12-17---原始人類は、最終氷期末まで存在か?
2015-10-06---ホモ・ナレディの手、足は、地上を歩き、木に登った。
2015-09-10---南アフリカで、新種のヒト属の化石を15体発見!
2015-03-30---古代の治療法が、感染を破るキーであるかもしれない。
2015-03-25---遺伝学的に,アダムとイブは,ほとんど出会えなかった。
2015-03-22---ネアンデルタール人は最古の装身具の作り手。
2015-03-04---ヒト属最古の化石、エチオピアで発見!
2015-01-28---頭蓋骨発見で、初期人間とネアンデルタールの異種セックス交配を示唆。
2015-01-22---320万年前の猿人の手と、現在人の手を比較。道具使えた?
2014-10-20---「ホビット」は、人間の歴史を書き直した。
2014-10-19---地球上でのセックスの起源は、正常位(missionary position)ではなかった。
2014-08-20---ネアンデルタールの新しい日付は、歴史を書き直す。
2014-08-07---焼き鳥を最初に食べたのはネアンデルタール人。
2014-06-26---これまでに発見された最古の『人間糞』の分析。
2014-06-20---古代人の顔の特徴は、部族間闘争すれば、するほど速く進化。
2014-06-08---インドの聖地の糞便は、抗生物質耐性に手掛かりを提示した。
2014-04-30---研究者は、ネアンデルタールが私たちよりのろまではなかったと言った。
2014-04-22---牛糞から、80種の抗生物質耐性遺伝子を検出。
2014-02-07---アフリカ以外で、最古の人の足跡をノーフォークで発見。
2013-12-31---2013年は、どのように考古学は見たか?
2013-12-25---2013年の科学および環境ニュース・ハイライト。
2013-12-04---脚骨は、最も古い人間のDNAで、ギブアップした。
2013-11-28---巨大な有史以前の最古のトイレと、膨大な数の糞の化石発見。
2013-10-25---人的廃物をエネルギーに変えるトイレ・システム。
2013-09-19---ハツカネズミには「猫に対する固有の恐れを失う場合がある。」
2013-06-10---ホビットと小妖精は、ニュージーランドに観光客を引き寄せる。
2013-04-17---島小人症理論「ホビット」を支持。
2013-03-21---トイレと携帯電話。
2013-02-04---ネアンデルタールが、これまでの研究以上に早く消えていた?
2012-11-17---トイレの便座が、家庭で本当にもっとも汚い場所か?
2012-11-07---パリジェンヌのマンモスの化石を発見か?!
2012-08-29---TOTOが排せつ物で動く「トイレバイク ネオ」を披露!
2012-08-08---考古学者は、世界最古のマッチを発見したと主張!
2012-06-25---中国の鶏糞電力を供給する鶏経済学!
2011-12-02---ネパール、雌牛糞生物ガス専門知識を外国へ輸出!
2011-11-27---フィリピンの小さな人達は、偉大な野心を持っていた。
2011-02-11---320万年前の猿人の化石に土踏まずがあった!
2011-02-07---人類の脳が3万年で、1割縮小していた。
2010-12-28---ネアンデルタール人は野菜も食べていた。
2010-12-27---イスラエルの洞穴で、40万歳を歯を発掘した。
2010-11-18---排便人形が今年も大盛況!
2010-09-02---鳥の「うんこ」を売って大金儲けをするペルー人!
2010-08-12---エチオピアで人類最古の石器使用跡を発掘された動物の骨で確認した。
2010-04-09---親子かもしれない190万年前の新種の猿人化石2体を発見。
2009-09-30---観光客の排泄物で、希少なエビが絶滅か?!
2009-09-29---12万年前の地層から、前期旧石器時代の国内最古の旧石器を発掘。
2009-09-24---身長が130cm未満の「小人王国」
2009-06-24---初期のヨーロッパ人は、人食い人種だった。
2009-02-12---ネアンデルタール人のゲノムの60%をカバーする30億のDNAを配列分析。
2009-02-12---Vindija洞窟のネアンデルタール、3,000,000,000のDNAを配列分析。
2008-04-15---3万年前のネアンデルタール人の音声再現!
2008-04-03---「糞」の化石は、BC1万2,300年頃であった。
2006-12-11---エル・シドロン洞窟で発見されたネアンデルタールは人を喰う習慣があった。
2006-09-20---330万年前に生きていた少女。
2006-09-14---ゴーハムの洞窟でネアンデルタールが、難を避けるため住んでいた。
2006-08-29---ネアンデルタールの遺伝子を継承している人。
2006-03-24---エチオピアで、BC50万年〜20万年の頭蓋骨が発見された。
2005-12-14---BC70万年前の人工火打ち石を発見した。
2005-09-01---人間とチンパンジーが同じ環境で共に生息していたことを特定した。
2005-06-19---チェコで、ネアンデルタールの特徴がある末期の骨を発掘した。
2005-03-23---火星で収集した石を調査で、時代予測が大きく間違っていることが判明。
2005-03-04---1万8,000年前の古代人は、より高い思考過程と一致した。
2005-02-17---1967年にエチオピアで発見されたヒト化石は19万5000年と推定。
2004-11-08---ネアンデルタールの由来討論。
2004-10-28---フロレス洞窟で高さ1m、25 kgの成人女性骸骨が発掘された。
2004-03-22---オレゴン州のPaisley近くにある洞窟で、「糞の化石」を発掘した。
2004-03-01---「北京原人」がBC60万年から30万年に、火を使っていた。
2003-06-12---エチオピアで発見された人間の骸骨の年代判明した。
2002-04-23---頭蓋骨骨折したネアンデルタールは生きていた。
2000-11-14---BC40万年にお互いのコミュニケーションを可能にしていた。
2000-09-00---アンダルシアでBC2万8,000年頃のネアンデルタールを発掘。
2000-03-28---ネアンデルタールと現代人は7%の違いがあった。
2000-01-10---人間の話し言葉がBC20万年頃から始まった。
1999-09-30---フランスのMoula-Guercy洞窟で食人習慣があった。
1999-02-16---ネアンデルタールがBC40万年前に話せるようになった。
1998-11-28---BC2万2500年頃のハイブリッドの骸骨を発見した。
1998-04-28---フランスで発掘された2体のネアンデルタールは話ができた。
1997-12-27---エチオピアのダカで、古代人の頭蓋骨を発見した。
1997-07-11---ネアンデルタールはBC60万年から50万年に、まだアフリカにいた。
1997-06-13---BC40万年に人間とオオカミの骨が同じ場所で見つかった。
1997-05-06---30万年から20万年と推定できる32人分の人骨化石を発見。
1996-12-29---エチオピアでBC13万年に、本当のホモ・サピエンスが登場した。
1996-12-29---BC60万年から25万年に、言語があった。
1996-10-01---ネアンデルタールとホモ・サピエンスが先祖と分かれた。
1996-09-00---BC78万年の人類の化石を発見。
1996-05-27---フランス中央部で発掘された石器は、それまでよりかなり洗練された。
1994-00-00---ネアンデルタールの鼻が不必要なほどに大きいと主張した。
1994-00-00---イラクのザグロス山で、墓から8種類の花粉粒を採取した。
1988-10-00---ネアンデルタールChâtelperronian文化時代をNGが規定した。
1988-10-00---スラエルのカバラ洞窟のネアンデルタールが6万年前。
1985-11-00---脳のサイズは、BC12万5,000年と現代人がほぼ同じであった。
1985-11-00---フランスのセント・セゼールで後期ネアンデルタールの骸骨を発掘。
1985-11-00---ハッキリ聞き取れる言葉が話せるようになったのは、BC40万年から30万年。
1985-11-00---BC10万年頃から死者を埋葬し始めた。
1969-07-17---考古学者リーキー博士のチームが「第2オーモ」を発見した。
1961-06-21---アムッド洞で、ネアンデルタールの化石を日本チームが発見した。
1960-09-16---BC50万年〜25万年前の成人男子頭蓋骨「Petralona Man」を発見した。
1944-12-09---最古の骸骨を発見した考古学者リチャード・リーキー博士が生まれた。
1914-00-00---BC4万年前頃と言われるネアンデルタールの赤ちゃんの骨を発掘した。
1909-09-17---フランスのLa Ferrassie, Dordogneでホモ・サピエンスが発見された。
1907-10-02---マウエル村で、BC50万年の「ホモ・ハイデルベルゲンシス」が発見された。
1856-08-00---デュッセルドルフの近くで、最初のネアンデルタールが発見された。
-9500-00-00---BC9,500年の小人「ロミート2(Romito 2)」は、1.2m未満の背丈。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告