gaYa広告

2016年02月15日

インドネシアの「ホビット」は、ホモ・サピエンスではない。

超過去

AFPは2016年02月16日に、インドネシアの島で約1万5000年前に絶滅したとされる小型のヒト属ホモ・フロレシエンシス(Homo floresiensis/フローレス原人)は、現生人類としても知られるホモ・サピエンス(Homo sapiens)ではなく、まったく別の種だったとする研究論文が2016年02月15日に、発表されたと報告した。

ホモ・フロレシエンシスの扱いをめぐっては、専門家の間で意見が割れている。

身長が極端に低いことから「ホビット」との愛称をもつホモ・フロレシエンシスの化石は、2003年にインドネシアのフロレス(Flores)島で発見された。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ホモ・フロレシエンシスをめぐっては、初期人類から枝分かれしたとする新種説がある一方、病気のため変形した現生人類であるとする説とがあり、その発見以来、激しい議論が続いている。

人類進化学の国際専門誌「ジャーナル・オブ・ヒューマン・エボリューション(Journal of Human Evolution)」に掲載された論文によると、今回の研究は頭蓋骨の化石の分析を基に行われたもので、ホモ・フロレシエンシスがホモ・サピエンスではないことが明確に示されたとしている。

大人のホモ・フロレシエンシスは、身長約1m、体重約25kgだったと考えられている。

フロレス島は、すでに絶滅しているゾウに似た小型種生物「ステゴドン」の生息地でもあった。

フランスの国立自然史博物館(Natural History Museum)の科学者アントワーヌ・バルゾー(Antoine Balzeau)とパリ第5大学(University of Paris-Descartes)の古生物の病理学専門家フィリップ・シャルリエ(Philippe Charlier)らが率いた研究では、日本で作成された高解像度画像を用いて骨の厚みなどを調べた。

研究の結果、化石の骨にホモ・サピエンスの特徴を確認することはできなかった。
また軽度の疾患の痕跡はみられたものの、一部の研究者らが指摘するような重度の遺伝子疾患に相当する痕跡もなかった。

今回の発見では謎の一部が解明されたにすぎない。
約数百万年前に近くのジャワ(Java)島にたどり着いたホモ・エレクタス(Homo erectus)が小型化したものである可能性は残り、また独立した種ではなかったことも確認されていないと報告している。

インドネシアのジャワ諸島フロレス島(island of Flores)のGoogle Earthポインター情報
8°29'9.85"S,120°35'29.02"E
または、
-8.486069, 120.591394

2016-01-13---インドネシアで、11万8000年以上前の石器発見!
2015-10-06---ホモ・ナレディの手、足は、地上を歩き、木に登った。
2013-04-17---島小人症理論「ホビット」を支持。
2005-03-04---1万8,000年前の古代人は、より高い思考過程と一致した。
2004-10-28---フロレス洞窟で高さ1m、25 kgの成人女性骸骨が発掘された。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告