gaYa広告

2016年02月14日

歴史上、最初に登場した、私達が確かに知ることができる人の名前は誰か?

超過去

だれもが、すぐに答えるのは、アダム&イブ、ノアなどの名前であるが、そのような不確実性ではなく。名前を私達が知ることができる最も古いの人は誰であるか?

Quoraは2016年02月14日に、古代学者スティーブ・テオドール(Steve Theodore, Antiquarian)が2015年11月22日に公開した意見を紹介した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

現代のイラクである古代シュルパク(ancient Shurrupak)のジャムデット・ナスール(Jemdet Nasr)で発掘され粘土板タブレットには、奴隷のオーナーである名前ガル-サル(Gal-Sal)が、2人の奴隷エンーパプ(En-pap ?)とスカルギル(Sukkalgir)のオーナーであったと、いう具体的な人命が登場している。その年代は紀元前3000のしばらくの間であった。

ウルク(Uruk)に近い、聖書のエレクの都市ギルガメシュ(the city of Gilgamesh, the Biblical Erech)からのこれらの人は、多分100歳近いカップルであると言っている。

それは受領書である。

それには、「29,086の大麦を37ヶ月クシム(Kushim)測定する」と言い、クシムが固有名詞であるかどうかはクリアではない。それはタイトルであるかもしれない。

おおよそ同じ期間紀元前3000からの別のタブレットは、『エンリル-ティ(Enlil-ti')』と名付けるけれども、くさび形文字でカウントすることから、それは星(神エンリル/the god Enlil/『ライフ』のための同音異字)と矢として引かれたと予測している。

ジャムデット・ナスール(Jemdet Nasr)の緯度、経度
32°43'01.2"N 44°46'44.4"E

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

gaYa広告