2015年12月12日

イギリスの女性は、毎日シャワーか入浴をしない。

性とメディアファッション美容と医学の科学スポーツ

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、多くの衝撃を受けた世界中の人から反応があった2015年02月24日の「Majority of UK women don't bathe or take a shower daily And one in three have gone three days without washing」を再度公開した。

新しい研究がシャワーや入浴が非常に疲れることを、明らかにしたので、イギリスの女性の大多数は1日ごとにシャワーを入浴させず、シャワーを浴びない。

調査は、3人の女性の1人は、それらの顔またはボディを全然洗わないか、または拭かずに3日間を過ごしたと認めていることも示した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

女性の約57%は衛生の重要性を認めたけれども、それらは、水を浴びせるか。またはベッドの前の入浴の代わりに、元気づきため、拭くと決めた。

フリント+フリント(Flint + Flint)は、スキンケア範囲の近くで2,000人を超える女性の調査で、夜にベッドに行く前に、女性の60%より多くにおいてそれらの化粧を取り除かないことも示した。それらの発言は、それらの35%が、十分な睡眠を得るのためのことについて心配していた。

それらが朝で洗ったかどうかが尋ねられて、女性の5番目だけが、シャワーまたは毎日彼らがシャワーを浴びると伝えて、30%より多くは、その時間に3日間、それらが洗わないことを明らかにした。

しかし、参加者の92%は、それらがスキンケアの重要性を理解し、睡眠と脱水の不足などのライフスタイル・ファクターが、それらの皮膚の外観に影響を与えることができると認めていると伝えていた。

調査された女性の約90%は、朝または夕方それらが非常に疲れていたので、それらが衛生を改善しないと伝えていた。

NHSは、衛生の基本的なレベルを維持するために、人がそれらの顔を洗い、毎日にそれらの歯にブラシをかけなければならないようにアドバイスする。

トイレを使った後に、それらの方向を掃除しなさい。
1日ごとに、それらの性器、肛門のエリアを洗いなさい。
そして完全に風呂またはシャワー1週あたり最低2回入りなさい。

フリント+フリントのオーナーマキシン・フリント(Maxine Flint)は、会社は調査のため「警告された。」と言った。

「私達は、基本的なスキンケアを続けていることによってそれらの皮膚の世話をしていない女性の量を耳にするために警告された。毎日あなたの正面を掃除し、老化プロセスの速度を落とすために湿気を与えることがそんなに重要である。」

「ライフの今日のペースが速いことは真実であるけれども、きっと、国家として、私達は、洗うために忙しすぎるようにならなかった!」と言った。

ただし、日本人のような風呂好きは少ない。
しかし、毎日のように石けんで、皮膚の表面を洗い続けると、高齢になってしわくちゃの梅干しのようになるので、注意が必要である。

毎日洗うのは、性器、肛門のエリアだけで、他はシャワーで流し洗いし、落とした油を補うことが大切だと、メリーランド州のチェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者で医学博士、「マイクロ生物群系ソリューション(The Microbiome Solution)」の作者ロビーネ・チュツカン(Robynne Chutkan)は言う。

意外に多い。間違ったお肌手入れに驚く!

高齢になって、しわくちゃの梅干しのようになるとシワの奥の汚れは取りにくくなり、石けんでは取れなくなる。

2015-10-16---シャワーのときに、石けんで洗う必要がない理由。
2015-09-03---聖書の中で、結婚はどのように規定されているか?
2015-02-23---イギリスの女性は、毎日風呂かシャワーを浴びるとは限らない。
2015-02-10---科学者は『愛』の治療法に迫っているが、それは実現可能か?
2015-02-03---バレンタインデーへの警告!キスをするときの知っておくべき5つのこと。
2015-01-23---セックスと放尿による健康管理。
2014-11-17---1回のキスで、8,000万のバクテリアに感染。
2014-11-08---グローバルな流行病になった小児肥満症に挑戦。
2014-09-20---コレラの原因だった排泄物から、テーブルに食品を届ける。
2014-09-03---画期的な民族伝承ウジ虫治療は、ケニアから、20カ国以上に広がった。
2014-07-16---歯医者や歯の予防に、古代からの大発見かもしれない。
2014-07-11---医学の食事。
2014-07-01---神聖なガンジスの水。危険?それとも「自然免疫」を得る?
2014-06-08---インドの聖地の糞便は、抗生物質耐性に手掛かりを提示した。
2014-04-22---牛糞から、80種の抗生物質耐性遺伝子を検出。
2014-03-23---科学者は、癌と戦うために大腸菌を解析。
2013-05-27---ノルマンディー上陸の米兵は、「女性に飢えた荒くれ者。
2009-09-08---豚インフルエンザで、由緒ある神聖な儀式まで中止!

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。