on-the-time.jp

2016年02月01日

地球は、45億年前にTheiaとの『激しい衝突』で誕生した!?

宇宙超過去

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、UCLA科学者は地球が、45億年前、Theiaとの『激しい衝突』の後、2つの惑星から成り立った、と理論づけたと報告した。

また、UCLAが率いるチームは、この現象で月を作ったことも明らかにした。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

「正面の衝突は暴力的」で、私達がそれを知り、画期的な新しい研究が地球を作成したことを明らかにした。

私達の惑星がちょうど1億歳であった時に、今から45億年前、火星のまわりにあったと考えられる地球サイズのテイア(Theia)〉と呼ばれる惑星の胚が、地球と衝突した。

テイアと地球が衝突したことはすでに知られていたけれども、UCLAに導かれた科学チームからの新しい証拠は、それが、以前に考えられたこと、および多くの「正面の猛攻撃」が横からの攻撃より少なかったことを示している。

インパクトの力は、一緒に、壊れて、月を形成するためにその引力を引くことにより、断片で単一の惑星を形成するために、早い地球とテイアを結果として生じた。

研究者は、3つのアポロ任務からの月岩石、およびそれらが、ハワイとアリゾナで発見された火山性の岩石と比較した研究をした。

驚いたことに、酸素同位元素の違いは全然発見されず、それぞれからの岩石が化学のサインを共有することが証明された。

新しい研究のリード作者で、地球化学と宇宙化学のUCLA教授エドワード・ヤング(Edward Young, lead author of the new study and a UCLA professor of geochemistry and cosmochemistry)は、「私達は地球および月の酸素同位元素の少しの違いも見ない。それらは区別がつかない。

「テイアは地球と月に完全に添えられて、それらの間で均等に拡散した。これは、なぜ、私達が、月対地球のテイアの違うサインを見ないかを説明する。」と、言った。

教授ヤングによると、テイアは、惑星で催され、それを育てて、たぶんなったであろう。それは衝突において破壊されない 。

研究、Nasaの深炭素観測所(Deep Carbon Observatory)と、およびACCRETE(European Research Council advanced grant共生ヨーロッパ研究協議会から出資されることによって授与物)が進んだこと、およびジャーナル科学(journal Science,)において、地球起源について出版されることで、また問題も上げられた。

Oxygen isotopic evidence for vigorous mixing during the Moon-forming giant impact
Edward D. Young1,*,
Issaku E. Kohl1,*,
Paul H. Warren1,
David C. Rubie2,
Seth A. Jacobson2,3,
Alessandro Morbidelli3

Department of Earth, Planetary, and Space Sciences, University of California Los Angeles, Los Angeles, CA, USA.
2Bayerisches Geoinstitut, University of Bayreuth, D-95490 Bayreuth, Germany.
3Laboratoire Lagrange, Université de Nice–Sophia Antipolis, Observatoire de la Cote d’Azur, CNRS, 06304 Nice, France.
↵*Corresponding author E-mail: eyoung@epss.ucla.edu (E.D.Y.); ikohl@epss.ucla.edu (I.E.K.)

Science 29 Jan 2016:
Vol. 351, Issue 6272, pp. 493-496
DOI: 10.1126/science.aad0525

衝突が、地球に含まれているいくらかの水を取り除いたであろうかどうかにかかわらず、それらは水が豊富に含む小惑星の前に、数千万年後で私達の惑星に当たる。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。