2016年01月14日

イギリス人は、取りつかれたように、なぜ家を買うか?

経済

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、アグネス・ポイラー(Agnès Poirier)のコラム「Why are Brits so obsessed with buying their own homes?」 を公開し、もしイギリスの夢のような物があるならば、それはあなたの頭の上の屋根を所有している必要がある。それから、それをものすごい利益で売却しなさい。

もしあなたが外国人であるならば、これは少し奇妙であるかもしれないと報告した。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

実は私が住んでいる笹塚ももの凄いことになっている。
15坪くらいの3階建てのウサギ小屋が、飛ぶように売れていた。

その近くに住みたいという若者も多く。小さな部屋のネズミ小屋マンションが、数10棟も建てられた。

このようなマンションは、すべて軽量鉄骨で、これができるのはかなり限られた会社である。
その中に、くい打ちで大問題を起こした旭化成も含まれている。

私の家には、毎日数10件の電話や訪問販売が来る。
しかし、もうすぐ天井である。

住宅ローンを払った分の全額で売れる可能性は、ほとんど「0」だろう。

1990年代遅くにロンドンスクール・オヴ・エコノミックス(London School of Economics)で勉強するためにアグネス・ポイラーがロンドンに到着した時には、アグネス・ポイラーは、キングズ・クロス(King’s Cross)のねずみ穴を預金「0」ので買うために、アグネス・ポイラーはイギリスの銀行から£100,000を借りた。

日本のウサギ小屋は、英語でねずみ穴(rat hole)になる。

そのねずみ穴は、現在、アグネス・ポイラーがそれに対して支払い、単に向こう ユーロスターターミナル(Eurostar terminal)と多数の新しい開発で10倍に値する。

約25年で10倍とは、凄い。

どのようにアグネス・ポイラーがこれを望むかが真実であった。

これは、アグネス・ポイラーがしたであろうことである。アグネス・ポイラーはイギリスで誕生した 。

しかし、アグネス・ポイラーはフランス人で、アグネス・ポイラーは、お金を借りることと、アグネス・ポイラーが持っていなかったものを使うことを一度も夢見たことがない。

それは物である。そして憶測として、イギリスは資本主義(capitalism)を発明した。

あなたは、利益を使い、得るのを教えられる。アグネス・ポイラー達は、保存することを学ぶ。

考えの2つの種々の学校で、,つのプロパティと所有権で、種々の展望がある。

それを買うことと、売ることで金儲けする要望プロパティへのイギリスの態度は、チャンネルの他の側についての純粋な憶測とみなされる。

お金と利益への古いカトリック不信は、アグネス・ポイラー達の見方に浸透する。

これは、たぶん、アグネス・ポイラーの家族も含まれる世代のフランスの人々が、それらの家を所有していることについて、一度も夢想(fantasised)しない理由である。

アグネス・ポイラー達はする必要がなかった。

それは何でも理解せず、ライフの野心ではなかった。

アグネス・ポイラーの両親は45年間パリで家を借りて、ファミリーは1970年代の国の小別荘として海岸で、彼らの家をきっぱり買い、けれどもそれらの価値はインフレに遅れないようについて行っただけである。

それらはダンプではない。それらは謙虚で、アグネス・ポイラーはいくつか鳴り響く1950配管工事を容認しなければならず、けれどもそれらは美しく、アグネス・ポイラー達は、外でそれらを借りることまたはそれらを売ることを一度も考えたことがない。

もしあなたがプロパティをフランスで買うならば、それは、通常、それに住んでいるか、またはめったに、あぶく銭のためにやり直し、現実において売らないために、それを楽しむ必要がある。

ロンドンでは、アグネス・ポイラーは、違う思考様式と現実を発見した。

第一に、あなたは、それを考えるために、ファミリーの助けを可能にすることによってできる限り早く、プロパティのはしごにおいてあなたの足を得る必要があった。銀行マネジャーと狂気の共犯者あなたは、そんなに大きい25年抵当の荷によってあなたが幸福に暮らすことができた。あなたの家を下宿人と共有し、少なくともあなたの30年代まで外のあなたの夕方を限定する必要がある。

もしあなたが、あなたをそうすることをアグネス・ポイラーがすると、失敗したなら、より悪い失敗の時に、最もよさの風変わりで考慮された場合になる。

そして、10年後であなたがパートナーとプロパティのはしごの2番目のステップで、この時に達することとけん引のちゃんである

あなたがあなたの最初の家のよい利益を得たかもしれないけれども、あなたがする必要があるので、それをより大きいプロパティにすべて再投資し、別のつぶれる抵当を引き受けなさい。」あなたはまだハムスターホイールにいる。

しかし、アグネス・ポイラーは、すぐ、代わりの賃貸として、非常に憂うつな事柄であることを見つけ出し、アグネス・ポイラーのロンドン友人のうちの何人が、ベルリンに動くことを最終的にした。

そこで、それらは、北西ロンドンのキルバン(Kilburn, north-west London)で、アグネス・ポイラーの漏れる部屋の価格のための大きいアパートを借りることができた。

イギリスでは、家主は権利、およびテナント義務だけを持っているようである。

アグネス・ポイラーは、フランスで、それらがコントロールされるすべての6ヶ月、アグネス・ポイラーの頭のシーリングは、世代の学生により塗られたペンキの100万のコートへの感謝を立てているだけの壁を通ってどしゃ降りな雨の上で使用料が行くことを覚えている。そして、 そんなに短いリースで、毎年ほとんど動く必要があった。

唯一のよい物はアグネス・ポイラーのイギリスの友人とフラット分担していた本当の学校の生活であった。

そして、アグネス・ポイラーは、賃貸の恐ろしさを考慮して、なぜ彼らが、それらの家を所有していることを切望するかを理解した。

自己達成しているシステム、これはそうであった。

経済学と文化は、もちろん相互接続される。

もしイギリスの経済がこの家庭の所有権ヒステリー(home ownership hysteria)に築かれて、オンの政府バンが、公的な赤字、それを削減することについて、部分的に、アグネス・ポイラー的な借金の国の成層圏のレベルについて話すことを避ける必要があるなら、それはどれを促進するかと言うことであった。

2016-01-02---ロンドンの地下鉄と全国の鉄道が一斉に値上げ!
2015-12-29---大学教育で、もっとも高い授業料の国トップ11。
2015-11-25---ロンドン地下鉄で、座席を確保する方法。
2015-11-04---イギリスへの観光客が驚く、5つの物。
2015-11-03---もしかしたら、ロンドンはこうなっていたという建築プラン・リスト!
2015-10-26---イギリスで平均住宅価格£100万以上の街が、ロンドン以外で登場。
2015-08-10---イギリスでもっと有名な場所ドルフィン・スクエア。
2015-06-17---NYC最上階、US$2億5000万の部屋。
2015-01-25---最も裕福な1%は、どこに居るか?
2014-11-29---イギリスで捨てられた大邸宅。
2014-11-08---ロンドンの住宅価格は正気ではない。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告