on-the-time.jp

2016年01月14日

Wikipediaがトラブルに遭った理由。

電子ブック

米国の雑誌「TIME」は、クリス・ウイルソン(Chris Wilson @chriswilsondc)によるコラム「Why Wikipedia Is in Trouble」を公開した。

私もいくつか思い当たる点を知っているが、それを比較するために訳して見ることにした。

これ以降、「私」は、すべて「クリス・ウイルソン」に置換した。

数ヶ月前クリス・ウイルソンが病院にいて、クリス・ウイルソンが凄く感謝した。その時に、クリス・ウイルソンは、留治療されるのを聞いた留意者が、クリス・ウイルソンの条件に良い新しい薬を尋ねた。彼はそれを多く知っているわけではなかった。従って、彼は、クリス・ウイルソン達がWikipediaで、それを探すことを提案した。

クリス・ウイルソンは、実際この薬を処方する前に医師がより多くの研究をしたであろうことの疑念を全然持っていない。しかし、エピソードは、2016年01月15日に15歳を越えるWikipediaが、単に怠惰な学生および偶然のリーダのための資源ではないという合図であった。誰もがそれを使い、一般にそれを信頼する。

それは、それが米国の6番目に多くポピュラーなサイトで、世界の7番目である理由である。
そして、それは、エッジでそれがぼろぼろになっていることについてクリス・ウイルソン達すべてが心配する理由でもある。

すべてが15年の成長の苦しみを経験する。Wikipediaのために、ただ最近イギリス言語サイトの500万を一人でしのぎ、2007年以来専門のエディタの数が低下にある間、これは、記事の数が急速に増大し続けることを意味している。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

これは記事包含の大きい釣り合いを意味しているある種類の警告で、それらが不完全か、または不十分に書かれるか、または不適切に研究される 。例えばNSYNCの記事であなたは、まるで今日すでにあなたがしていないかのような記事が、現在として、ドアで警告的なバナーに迎えられる。

この伝記の記事には立証のための追加の引用が必要である。どうぞ、信頼すべき筋を追加して助けてください。供給源ではないか、または不十分に供給源にいる人についての議論を起こす素材は、もし特に、潜在的に中傷的か、または有害ならば、直ちに取り除かれなければならない。

純然たる用語においてMITテクノロジーレビューの2013記事が、Wikipediaの疑わしい危機をレイアウトした。

プロジェクトの旗艦として、英語版Wikipediaを築き、破壊行為、デマ、およびマニピュレーションからそれを防御しなければならない。ボランティア労働力は、2007年以来複数の3分の1までに縮み、まだ縮んでいる。それらの参加者が逃げたのは、Wikipediaが、プロジェクトの所有物を含むどのような標準によっても高品質な百科事典になることを防ぐ欠陥を修正することが不可能であるようになった。
問題は、ほとんどの研究者、およびWikipediaスチュワードは、承諾するようで Wikipediansの中心的なコミュニティが新来者に敵対しすぎることである。オフで強情なガイドラインおよび一般防御によってそれらを怖がらせる。

2012年からの1つの詳細な研究が、しばしば、新しいエディタが、サイトへのそれらの最初の寄与で、それらのサイトに寄付し続ける可能性での落下と直接相関しているより多くのベテラン・ユーザーにより迅速に拒絶されると気付いた。

どれほど、その問題が、Wikipediaでの悪いハンドルを得るために、クリス・ウイルソンが小さい実験をした。クリス・ウイルソンは230万の合計が編集した25000の完全な改訂歴史をダウンロードして、無作為に選ばれた記事で、いくつ催され、与えられた時間の品質についての警告を見た。現在、このサンプルの記事の12%は、参照または「非ニュートラルな観点。」の不足など、ある文書化された問題を持っていた。

Wikimedia財団の上級研究者アーロン・ハルファーカー(Aaron Halfaker)によると、 よいニュースが高い間、この数値が、ピーク時であった2010年以来衰え始めた。これの理由はこれらの見苦しいタグが編集者により人気があるようになっていないからである場合があるす。「人々は、彼らがしたものであったのと同じくらい多くそれらのテンプレートを使いたくない。」と、彼は言った。

しかし、より大きい問題は、新しいエディタをページのほとんどの必要注意に向けることが難しいかもしれないことである。

もしあなたが共通の質問への返答を捜しているなら、アーロン・ハルファーカーは、「Wikipediaは、それが、かなり近くにされるなていたるように見える。」と言う。

しかし、あなたが、Wikipediaのホールに吸われて、リンクを通ってクリックし始めるとすぐに、あなたは、改良の重大な必要にある記事を迅速に見つけると彼は言った。

いつもWikipediaが人駆動のサイトである間、それは、窮地を脱するボットおよび洗練された人工知能プログラムであるかもしれない。

、アーロン・ハルファーカーの仕事の多くは、新しく品質を自動的に得点する努力で現在導かれるエディタの残留コミュニティに編集することにより効率的に、それらにアドレスするかもしれない。

同時に、彼は、新しいユーザーが他の人とポジティブなインタラクションを持っている必要を強調する。

その目的のために、Wikipediaは、ページを、それらが経験豊かなエディタと直接対話し、どのように適切に寄与しているかについての質問への返答を得ることができる茶屋と呼ばせる。

サイトの生き残りは新しい種類のエディタに依存する。

2005年以来サイトでアクティブなシドニー・プアー(Sydney Poore)は、エディタ摩擦が、サイトの変わるニーズの自然生産物であると言う。

彼女は、アクティブなエディタのプールを多様化するいくつかの努力で、重い、西洋で巻き込まれる男性を減らす。

発展サイトの「クリス・ウイルソン達が人々を失うことはクリス・ウイルソンを悩ますけれども、それはまさにプロセスの一部であるかもしれない」と、彼女は言った。

サイトの肉とジャガイモを作るのに1日あたり時間を費やしているスーパー専門のアマチュアのモデルの代わりに、彼女は、人々のグループが規則的な特定の主題のまわりの「edit-a-thons」を組織するのを見る。

中の彼女のフォーカスのうちの1つは、赤、伝記なしの人へのリンクがサイトの赤に全然出現しないという事実への参照において、女性をプロジェクトに呼んだ。

そのグループは、それらのリンクを、サイトのページに値している著しい女性のための伝記を記入することによって青色に変えることを熱望している。

Pooreは、研究のそれらのエリアの記事を集めて、改善するために、毎月、特定のトピックの品質に関係しているエキスパートのグループが茶色のバッグを組織することを提案する。

その間、Halfakerが、彼らが、最も、続く寄与をすることができそうな改良の必要において新しく、善意のエディタをページに向けるための自動化された方法に取り組んでいる。

その青年期に、これは、フードの下でWikipediaが見えるかもしれないものである。サイトを友好的にする時折のエディタの協力ち、スマートなソフトウェア編集。たとえそれが、サイトが数百時間のボランティア仕事を通して建てられて、新しい注文において自身のための場所を見ない人々のうちのいくつかを意味していても。

「Wikipediaは、豊かなコミュニティに、自由な知識を深く気にする人々で造られている。」Wikimedia財団のシニア通信マネジャー(senior communications manager at the Wikimedia Foundation)であるジュリエット・バーバラ(Juliet Barbara)は、木曜日に電子メールにおいて言った。

「それらは創造的と革新的であり、常に、Wikipediaを改善し、その持続可能性を保証するための方法を考え出す。傾向は変わるけれども、WikipediaはKPIs(key performance indicators/キー性能インジケータ)のセットではない。Wikipediaはトラブルに遭っていない。」と言った。

トラブルに遭っていない?だったら、判っていない?

Wikimedia財団のシニア通信マネジャーは、正確に現象を掌握し、正しい報告に誘導すべきだが、このような弁解は時間軸を完全に掌握し、対応するjぷこうを見つけない限り、劣化のスピードに対応できない。

劣化が早いものほどものほど、内容は面白い。まるで葉物の野菜や果実である。

こういうものは。いつか時間軸が追い越し、ローマ帝国のように崩壊する。
それは避けられない。

インターネットの場合、それはもの凄く早い。

生き残るには、時間軸を騙すことである。

2016-01-15---Wikipediaは15周年!

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

gaYa広告