2016年01月14日

WHO、エボラ出血熱の終息を宣言。

健康美容と医学の科学政治経済観光宗教モバイル・マネー

AFPは、WHO(World Health Organization/世界保健機関)は、2年間にわたって西アフリカで猛威を振るったエボラ出血熱(Ebola)について、最後の感染国だったリベリアでの終息を受け、流行が終息したと宣言した。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

WHOは「本日、WHOはリベリアにおける最新のエボラ出血熱の感染が終息したことを宣言し、西アフリカでの把握している全ての感染の連鎖が止まったと表明する」と述べた。

一方でWHOは、「この任務はまだ終わっていない」と述べ、「今後も突発的な再燃が予測される」と警告した。

2015-12-29---WHO、ギニアのエボラ終息を宣言。
2015-11-28---ギニアで、最後のエボラ患者生後1か月の赤ちゃんが退院。
2015-10-07---エボラ出血熱国は、はじめて1週間新規感染者無しを記録!
2015-07-15---リベリアのエボラ再発!
2015-05-18---対応が遅れたと批判された WTOは、エボラでUS$1億の資金を要求!?
2015-05-11--専門家パネル、WHOのエボラ危機対応遅れを非難。
2015-05-09---リベリアからの手紙「私達はエボラをやっつけた!」
2015-05-08---エボラ完治と言われた人の目にウイルスが、まだ住んでいた。
2015-04-18---ナイジェリアで「謎の病」が発生し、発症から24時間で死亡!
2015-02-23---北朝鮮は、エボラが米国軍により、作成されたと言った。
2015-02-02---リベリアのエボラ出血熱センターが解体された。
2015-01-25---エボラ出血熱で評判を落としたWHOを修復することができるか?
2015-01-22---大型類人猿は、過去10年間でエボラ出血熱により1/3が死んだ。
2015-01-21---絶望的なチンパンジーとゴリラにもエボラ出血熱ワクチンが必要。
2015-01-06---エボラ出血熱で、新しいワクチン・テストを開始。
2015-01-03---エボラに感染した韓国人医師は、匿名のためのドイツに飛行。
2015-01-02---国連のアンソニー・バンベリーは、エボラ出血熱の2015年の終焉を望む。
2014-12-28---エボラ出血熱は、どのように比較できるか?
2014-12-25---シエラレオネは、北部で3日の監禁を宣言した。
2014-12-20--エボラ出血熱の死亡者がWHO記録で、7,000人を越えた。
2014-12-11---エボラ出血熱ワクチント実験苦痛により、『中断』
2014-12-11---スーパーバグは、2050年までに『癌より多くの人』を殺す!
2014-12-10---Person of the Year 2014は、「THE EBOLA FIGHTERS」
2014-12-07---2014年に登場したトップ10総揃え!
2014-12-07---「Time Person of the Year」の一般投票でトップはモディ!
2014-12-07---エボラ(Ebola)を生き抜く。
2014-12-05---シエラレオネで、伝統葬をした家族を投獄。
2014-11-28---エボラウイルスは精液の中で82日生存できる。
2014-11-27---世界で最悪のエボラ出血熱突発は、1人の少年の死から始まった。
2014-11-25---ギニアで、エボラ患者の血液サンプル盗まれた。
2014-11-21---マリの医者は、エボラ患者を治療した後に死亡。
2014-11-20---エボラで苦しむ西アフリカの音楽家は、エボラを訴える歌を作った。
2014-11-19---TIMEのPerson of the Yearの投票が始まった。
2014-11-17---ボブ・ゲルドフ、エボラ・バンドエイドは、4分〜5分で£100万売れた。
2014-11-17---シエラレオネの医者は米国で死んだ!
2014-11-12---エボラの死亡者が5,000人を越え、ヘルスワーカーの「危険手当」無払いでストライキ!
2014-11-06---スペインの看護師はエボラから回復し、退院。愛犬殺処分で職員を非難!
2014-10-31---エボラのジョークで、罰金刑!
2014-10-30---エボラウイルスの共同発見者、中国はエボラ流行に「ぜい弱」と指摘。
2014-10-29---エボラ救援に南アの巨頭US$100万寄付。世界経済第2位の中国「0」
2014-10-29---中国ファッション・ウィークは、スモッグ・ファッション。
2014-10-28---リベリアの棺桶屋は、エボラで大変!
2014-10-27---オーストラリアは、エボラ流行国からの入国を制限!
2014-10-27---IBM、シエラレオネのエボラ・トラッキング・システムを提示。
2014-10-26---米国の看護師は、空港での検査処理は、まるで囚人と監獄で爆発!
2014-10-25---WHOは、エボラの患者が10,000人を突破したと報告。
2014-10-24---北朝鮮、エボラ熱懸念で外国人観光客禁止。
2014-10-24---エボラ看護師ニーナ・ファムはウィルスが消えた。
2014-10-23---大都市ニューヨークで、エボラ陽性医師がジョギング!
2014-10-22---世界に衝撃を与えたエチオピアの飢きんから30年の報告。
2014-10-17---オバマ大統領はロン・クレインを「エボラ・ツァー」に任命するだろう。
2014-10-16---パニック!エボラ患者に付き添う無防備の人は、誰?
2014-10-15---ダラス病院従事者で、第2のエボラ米国国内感染者が出た。
2014-10-12---米国でも、エボラの国内感染が発覚。
2014-10-11---ニューヨークのJFK空港はエボラ・チェックを開始。
2014-10-08---エボラ感染患者の飼い犬、助命嘆願むなしく殺処分。
2014-10-08---米国の医療で汚点!エボラ患者のトマス・ダンカンが米国の病院で死亡。
2014-10-07---エボラに感染しない方法。
2014-10-06---米国は、エボラで空港チェックを考慮し始めた。
2014-10-06---アフリカ外のスペインで、最初のエボラ感染を確認。
2014-10-06---米国は、エボラで空港チェックを考慮し始めた。
2014-10-05---エボラ感染から死まで!
2014-10-03---米国はエボラ「接触」で、100人をモニターしている。
2014-10-01---米国でエボラと診察された最初の患者、病院のミスで帰宅。
2014-09-09---オクスフォード研究は、さらに15カ国で、エボラ接触の危険性があると予言。
2014-08-22---中国でエボラ検査キットがリリースされた。
2014-08-21---エボラ感染で治療を受けた米国の医者、病院から退院。
2014-08-20---エボラと経済的影響。
2014-08-11---中国の医療スタッフと医療品が、エボラを影響を受けた国々に到着。
2014-08-07---米国へのエボラ拡大は避けられない。いずれ日本にも---
2009-09-21---米国の危険な病原体の管理体制が確実ではなかった。
2009-08-17---米国の紙幣の90%は、コカイン吸引で使用されていた。
2009-06-03---米国のインフルエンザに対する対応と反省点、改良点。
2009-05-17---インフルエンザ・シミュレーションで明らかになった対応の悪さ!
2009-05-09---米国、カナダの出国時の感染確認は、どうなってるのだ!
2009-05-01---カナダを訪れていた高校生が、「H1N1」の「疑い症例」が発生と発表。
2009-04-30---成田の機内で、パンデミックが起こるところであった。
2005-10-05---SARSの感染源は蹄鉄コウモリ(Horseshoe bats)!
2002-11-16---最初のSARSはに、中国の広東で発見された。

【広告】 美智子妃殿下のお付きの美年子様より電話があり、「gaYa-3」をイスラエルの方からいただき、長年悩んでいた胸にあったかぶれに塗ったら、3日ほどでつるつるになったので、探していたとご連絡をいただきました。こんなに身近にあったので驚いて、同時に興奮気味でした。美年子様より再度電話があり、イスラエルの方からではなく、中曽根様の奥様だったと修正連絡がありました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告