on-the-time.jp

2016年01月13日

1万年以上前に絶滅のキリンの仲間「シバテリウム・ギガンテウム」

超過去

AFPは、1万年以上前に絶滅したキリンの仲間は、太い脚、平たい顔、頭蓋骨からカール状に広がる角を持った大きな重量級の生物だったと、2016年01月13に発表された研究論文で明らかになったと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

イギリス王立協会(Royal Society)の専門誌バイオロジー・レターズ(Biology Letters)に掲載されたイギリスの科学者3人の論文によると、絶滅したキリンの仲間「シバテリウム・ギガンテウム(Sivatherium giganteum)」は、現生のキリンよりも背が低く、首は短かかったと言っている。

The extinct, giant giraffid Sivatherium giganteum: skeletal reconstruction and body mass estimation

Christopher Basu,
Peter L. Falkingham,
John R. Hutchinson
Published 13 January 2016.
DOI: 10.1098/rsbl.2015.0940

同チームは、1830年代にインドで発掘され、現在イギリスのロンドン(London)にある自然史博物館(Natural History Museum)に収蔵されている骨を基にコンピュータ上で3Dモデルを作成し、肩高約1.8m、重さ約1.2トンのシバテリウムの骨格を再現した。

共著者のクリストファー・バス(Christopher Basu)は、「太い脚を持ち、体重は重かった」とAFPの取材にEメールで答えている。

シバテリウムの頭蓋骨の上部には、長さ約70センチの大きな平たい角2本の他に、目のすぐ上にも2本の小さな尖がった角があったという。

現生のキリンとの違いについて同氏は、「顔はキリンとだいぶ違って見えたようだ。キリンの頭蓋骨は長くて尖がっているが、シバテリウムのは短くて、平たい」と説明している。

キリンやオカピの仲間であるシバテリウムが生息していた時期は、500万年前〜1万2000年前と考えられている。

今回の研究では、個体3頭からの骨26個が用いられた。肋骨、背骨、骨盤は、まだ見つかっていないと報告している。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

gaYa広告