2015年12月25日

アルゼンチンで、巨大「アルマジロ」の甲羅化石を発見。

超過去

AFPは2015年12月30日に、アルゼンチンでクリスマスの2015年12月25日に、アルマジロに近い古代生物グリプトドン(glyptodont)のものと思われる直径mの甲羅の化石が見つかったと、専門家が2015年12月29日に、明らかにしたと報告した。

化石が見つかったのは首都ブエノスアイレス(Buenos Aires)の南約40kmのカルロス・スペガスシニ(Carlos Spegazzini)の川岸であった。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

発見者の妻がAFPに語ったところによると、泥の中に横たわる黒いうろこ状の模様がある物体を見た夫は、当初恐竜の卵を見つけたと思ったという。

発見者の男性は、テレビ局「トド・ノティシアス(Todo Noticias)」に、部分的に泥をかぶった丸みを帯びた物体を発見し、その周りを掘り始めたと語った。

テレビで画像を見た専門家らは、この物体はグリプトドンの甲羅で間違いないだろうと指摘している。

国立自然科学博物館(Bernardino Rivadavia Natural Science Museum)の古生物学者によると、数千年前に絶滅したグリプトドンの化石がこの地域で見つかることは、めずらしいことではないという。

グリプトドンは現生のアルマジロに似た巨大生物で、大きな丸い甲羅を持ち、重さは最大で1トンで、長きにわたって南アメリカ大陸に生息していた。

同古生物学者は、今回発見されたものは比較的年代が若く、約1万年前のものと推定していると報告した。

カルロス・スペガスシニ(Carlos Spegazzini)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
34°54'52.7"S 58°35'55.0"W

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 角質のように、石けんで落ちない垢が全身マッサージでも落ちるのでしょうか?と言う質問が来ました。実は、それが目的で「gaYa-3」が、開発されました。足に塗るとき、ついでに腕にも塗ると、垢のようなものがボロボロ取れます。水ですと、その後がガサガサになりますが、「gaYa-3」はオイルですから、つるつるで、ぷるるんとなります。

gaYa広告