2015年12月25日

アルゼンチンで、巨大「アルマジロ」の甲羅化石を発見。

超過去

AFPは2015年12月30日に、アルゼンチンでクリスマスの2015年12月25日に、アルマジロに近い古代生物グリプトドン(glyptodont)のものと思われる直径mの甲羅の化石が見つかったと、専門家が2015年12月29日に、明らかにしたと報告した。

化石が見つかったのは首都ブエノスアイレス(Buenos Aires)の南約40kmのカルロス・スペガスシニ(Carlos Spegazzini)の川岸であった。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

発見者の妻がAFPに語ったところによると、泥の中に横たわる黒いうろこ状の模様がある物体を見た夫は、当初恐竜の卵を見つけたと思ったという。

発見者の男性は、テレビ局「トド・ノティシアス(Todo Noticias)」に、部分的に泥をかぶった丸みを帯びた物体を発見し、その周りを掘り始めたと語った。

テレビで画像を見た専門家らは、この物体はグリプトドンの甲羅で間違いないだろうと指摘している。

国立自然科学博物館(Bernardino Rivadavia Natural Science Museum)の古生物学者によると、数千年前に絶滅したグリプトドンの化石がこの地域で見つかることは、めずらしいことではないという。

グリプトドンは現生のアルマジロに似た巨大生物で、大きな丸い甲羅を持ち、重さは最大で1トンで、長きにわたって南アメリカ大陸に生息していた。

同古生物学者は、今回発見されたものは比較的年代が若く、約1万年前のものと推定していると報告した。

カルロス・スペガスシニ(Carlos Spegazzini)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
34°54'52.7"S 58°35'55.0"W

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。