2015年12月07日

ストーンヘンジが、『中古の記念碑』と言う理論。

超過去

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、証拠は。ストーンヘンジ(Stonehenge)が最初、ウェール(Wales)で組み立てられるかもしれないと、示唆すると報告した。

ストーンヘンジが『中古の記念碑』であるというウィルトシャープロンプト理論(Wiltshire prompts theory)において、それらが500年前にウェールで、硫酸銅が採石されたという証拠を示される。

ストーンヘンジの硫酸銅のために採石している証拠は、考古学者を、最初、ウェールズでイギリスの最も大きい先史時代記念碑が建設されたかもしれないと想定する気にさせているドラマチックな発見物の間にある。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ストーンヘンジの内側の蹄鉄を形成する硫酸銅が、ソールズベリー平原の約140マイル離れたペンブルックシャーのプレセリ丘(Preseli hills in Pembrokeshire, around 140 miles from Salisbury Plain)から来たことは、長い間知られていた。

今や、考古学者は、カーン・ゲソッグ(Carn Goedog)とクレイグ・ロース・イ・フェリン(Craig Rhos-y-felin)の岩の多い露出において、サイズと形でストーンヘンジの硫酸銅とマッチしていて、それらの丘の北に一連の休憩時間を発見した。それらは同様な石も見つけて、先史時代のビルダーは取り出したけれども、置いていった所から、「ロード湾(a loading bay)」に莫大な石が向こうに引きずられえた。

石が取り出されたであろう時は、採石場労働者のキャンプファイアからの炭化されたヘイゼルナッツシェルと炭が、明らかにするために、放射性炭素から、日付を明らかにした。

UCL(University College London/ロンドン・カレッジ大学大学)のイギリス後期先史時代のプロジェクト・ディレクターと教授のマイク・パーカー・ピアソン教授(Prof Mike Parker Pearson, director of the project and professor of British later prehistory)は、この発見を「驚異的である。」
「私達は、硫酸銅が、約BC2900までストーンヘンジで示されなかったので興味をそそるカーン・ゲソッグとクレイグ・ロース・イ・フェリンのためのBC3200から約BC3400の日付を持っている」と、彼は言った。「ストーンヘンジにそれらを得るのにはそれらの新石器時代の石トロール船で約500年かかったかもしれないけれども、それは私の意見によればかなりありそうにない。最初どこかでその時それが分解されて、ウィルトシャーにオフに引きずられた採石場の近くでローカルな記念碑で石が使われたことが、よりありそうである。」と言った。

日付の記入証拠は、以前に考えられたよりストーンヘンジが古いかもしれないことを示唆すると、マイク・パーカー・ピアソン教授は言った。「しかし、私達は、それらが彼ら自身の記念碑[ウェールの]を建てて、どこかに、採石場の近くに、最初のストーンヘンジがあり、ストーンヘンジで私達が見ているものが中古の記念碑であることがよりありそうであると思う。」と言う。

可能性は、石がBC3200のまわりのソールズベリー平原に持って行かれたことと、巨大な大砂岩もあり、ずっと後で追加されて、ケイ酸化された砂岩はサイトの20マイル以内に見つけた。「普通、私達は、私達の生活において、その多くのすばらしい発見物を作るようにならない。」「しかし、これはそれである。」と、パーカー・ピアソンは言った。

パーカー・ピアソンは、他の間でUCLからの専門家、およびボーンマスおよびサウサンプトンのマンチェスター大学(universities of Manchester, Bournemouth and Southampton)に関係するプロジェクトを率いる。それらの発見は、新しい本「the Council for British Archaeology titled Stonehenge: Making Sense of a Prehistoric Mystery」はjournal Antiquityで、月曜日に出版される。

Antiquity
Antiquity / Volume 89 / Issue 348 / December 2015, pp 1331-1352Copyright © Antiquity Publications Ltd, 2015 DOI: http://dx.doi.org/10.15184/aqy.2015.177 (About DOI), Published online: 07 December 2015

Craig Rhos-y-felin: a Welsh bluestone megalith quarry for Stonehenge
Mike Parker Pearsona1,
Richard Bevinsa2,
Rob Ixera1,
Joshua Pollarda3,
Colin Richardsa4,
Kate Welhama5,
Ben Chana6,
Kevan Edinborougha1,
Derek Hamiltona7,
Richard Macphaila1,
Duncan Schleea8,
Jean-Luc Schwenningera9,
Ellen Simmonsa10
and Martin Smitha5

a1 Institute of Archaeology, University College London, 31–34 Gordon Square, London WC1H 0PY, UK (Email: m.parker-pearson@ucl.ac.uk)
a2 National Museum of Wales, Cathays Park, Cardiff CF10 3NP, UK
a3 Department of Archaeology, University of Southampton, Avenue Campus, Highfield, Southampton SO17 1BF, UK
a4 School of Arts, Languages and Cultures, University of Manchester, Oxford Road, Manchester M13 9PL, UK
a5 Department of Archaeology, Anthropology and Forensic Science, Bournemouth University, Talbot Campus, Fern Barrow, Poole BH12 5BB, UK
a6 Faculty of Archaeology, Leiden University, Postbus 9514, 2300 RA Leiden, the Netherlands
a7 Scottish Universities Environmental Research Centre, Rankine Avenue, Scottish Enterprise Technology Park, East Kilbride G75 0QF, UK
a8 Dyfed Archaeological Trust, Shire Hall, Llandeilo SA19 6AF, UK
a9 Research Laboratory for Archaeology and the History of Art, University of Oxford, Dyson Perrins Building, South Parks Road, Oxford, UK
a10 Department of Archaeology, University of Sheffield, Northgate House, West Street, Sheffield S1 4ET, UK

(Received January 09 2015)
(Accepted April 03 2015)
(Revised April 18 2015)

ボーンマス大学の教授ケイト・ベルハム(Prof Kate Welham, of Bournemouth University)は、分解された記念碑の廃墟が2つの巨石採石場の間に横たわりそうであると言った。「私達は地球物理学の調査を実施し、エリアと私達にわたる試験的な発掘および航空写真分析は、私達が最もありそうな場所を持っていると思う。結果は非常に約束している。私達は2016年に何か,大きいものを発見するかもしれない。」と、彼女は言った。

ウェールズからのストーンヘンジへの硫酸銅の長距離輸送は、新石器時代の社会で最も顕著な業績のうちの1つである。考古学者は、80のモノリスのうちのそれぞれに2トン未満の重さがあり、人々または雄牛が、それらを、レールに似の梁を滑らせて、木製のそりで引きずったかもしれないと予測する。

パーカー・ピアソンは、マダガスカルおよび他の社会の人々は、そのような立っている石を長い間で距離を動かすその行ないにより、遠くからコミュニティを呼び集めたスペクタクルがそう作成されることを提案したと知られていたと言った。

「イギリスの多くの部分で人々を呼び集めて、最新の理論のうちの1つは、ストーンヘンジがユニフィケーションの記念碑である。」と、彼は言った。

彼は、彼が垂直線近く岩面を探し、これが採石場のうちの1つであることに気がついた瞬間に思い出した。
「実際そこでそれらの休憩時間から単に下げられる用意ができていて座っていた。これらのモノリスのベースが、私達の3m上にあった」
「それは新石器時代の記念碑建物のIkeaである。これらの特定の露出について気難しい物は、前岩が柱として48000万年を形成したことである。そう、先史時代の人々はそこに参加する必要がなく、向こうにおいて強打する。それらがする必要があるすべては、クラックにくさびを得ることである。あなたがくさびを濡らすこととそれが増すこと、および岩からの石ポップ。」と、彼は言った。

ストンヘッジの調査は、えらい方向に向かい始めた。

ストーンヘンジ(Stonehenge)のGoogle Earthポインター情報
51°10'44.04"N,1°49'35.23"W
または、
51.178900, -1.826453

ペンブルックシャーのプレセリ丘(Preseli hills in Pembrokeshire)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
51°57'56.7"N 4°50'49.9"W

2015-09-21---100年前、ストーンヘンジがオークションで売り出された。
2015-09-07---ストーンヘンジ研究者『最大の先史時代サイトを見つけたかもしれない』
2014-09-12---さらに大きなストーンヘンジの構想を描く。
2013-09-08---ストーンヘンジは至軸に構築された、ということを発掘作業で確認。
2011-11-04---ロンドン2012:オリンピックとパラリンピックの公式ポスターを発表。
2011-09-07---4000年前のストーンヘンジでの音を聞く!
2010-09-30---ストーンヘンジは、古代の観光地!?
1915-09-21---ストーンヘンジがオークションで落札された。
-4000-00-00---イギリス南部に、現在のオランダとフランスからの移民してきた。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。