on-the-time.jp

2015年11月15日

あなたは、宗教の信者?または無神論者?を知るクイズ。

宗教

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、あなたが真実の無神論者であるか、またはあなたが考えたほどあなたの進行はが強くないか、この簡単な質問に、答えを出すためにクイズが設定されたと報告した。

あなたは神を信じているか?

あなたはどのようにあなたの意見によれば、自信があるか?

あなたの信仰または、それの不足をテストしよう。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

以下のステートメントを声を出して読みなさい。ただそれらについて考えず、それらを自分用にぶつぶつ言ってはならない。--それらを叫びなさい。

私は、私の人生をみじめにすることについて神に挑む。

私は、私の家を燃えないことについて神に挑む。

私は、私に対して私の周りの友人のすべてについて神に挑む。

もしあなたがそれが容易なのを発見したならば、あなたは、自身を、あなたの信念の勇気を持つ真実の無神論者とみなしていると、リチャード・ドーキンズ(Richard Dawkins)は誇っている。

しかし、それを認めなさい。しなかったか これらの発言で、あなたをわずかに不安であると感じさせている?
ヘルシンキ大学(University of Helsinki)で実施された研究は、これらのステートメントを読むことが、素直に認められた無神論者でさえ宗教の人々と同じくらいちょうど多く汗ばませると気付いた。
文字どおり、それらは、監視されたそれらの汗レベルにあっていた。

もしあなたがそれをすることができないなら、あなたは、確認された信者、または頭がそれらが無神論者であるけれども、それをまったく受け入れることができるわけではない誰かに、その心を言うのである。

または、たぶん、あなたはまさに迷信的で、悪い何かについて話すことが、それで、起こることで、よりありそうにすると思う。

神に言及しない等しいステートメントを読み出してみなさい。

例えば、「私は、私に対して周りのことについて私の友人のうちのすべてに挑む。」
ヘルシンキ研究の無神論者がこれらのステートメントで、ストレスが多いことを発見したけれども、神に言及したバージョンほどよりそうであった。

Richard Dawkins’ Belief Scale Scoring Rubric

1. Strong Theist: I do not question the existence of God, I KNOW he exists.
2. De-facto Theist: I cannot know for certain but I strongly believe in God and I live my life on the assumption that he is there.
3. Weak Theist: I am very uncertain, but I am inclined to believe in God.
4. Pure Agnostic: God’s existence and non-existence are exactly equiprobable.
5. Weak Atheist: I do not know whether God exists but I’m inclined to be skeptical.
6. De-facto Atheist: I cannot know for certain but I think God is very improbable and I live my life under the assumption that he is not there.
7. Strong Atheist: I am 100% sure that there is no God.

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。