2015年11月15日

Facebookのダブルスタンダード!?

戦争と平和犯罪と裁判自然

Al Jazeeraは、Facebookはベイルート(Beirut)の爆撃の後に安否確認機能「safety check」を導入しなかったが、パリ(Paris)の同時多発テロのすぐ後に安否確認機能を導入した。これはFacebookのダブルスタンダードであると報告した。

ベイルートは、パリより1日早く爆発が起こった。

サイトの批評家は、中東および他の領域について、議論されたチャージは、それらより多く西の犠牲者の命を見積もるので、それを告発した。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

Facebookは金曜日遅く、パリを横切る調整された攻撃の後に、まもなく機能を導入した。

「チェックイン」へのパリ地域でユーザーは、ファミリーメンバーと、友人にそれらが安全であったと知らせる機能を可能にした。

Facebookは、以前にパキスタンでの最近の地震など、自然災害の後に機能の使用を実装しただけである。

ソーシャル・メディア・ユーザーは、それはフランスでの攻撃の後に使われたけれども、それより1日早く自爆爆撃で最低43人の人々を殺したベイルートでは導入されなかったことで、その決定に反対し、怒りを表現した。

両方の攻撃は、イスラム過激派組織ISIL(Islamic State of Iraq and the Levant)/イラクとレバント地方のイスラム国家)」により実行された。

Facebookで10,000回より多く共有されたポストにおいて、レバノンのブロガージョーイ・アヨーブ(Lebanese blogger Joey Ayoub)は、反応において、ベイルートの死がパリの死と同じくらい重要であるように、見えなかったと主張して攻撃の2セットに明白な相違を批判した。

しかし、レバノンのジャーナリストであるドジャ・ダウド(Doja Daoud)は、それが接続性などの問題で、パリにあったほどベイルートで安否確認機能が有益ではなかったであろうと言った。

FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)が、批判にアドレスし、「昨日まで、私達の方針は自然災害のために、安全チェックを作動させただけである。私達はこれを、より多くの人的災害のための安全チェックを作動させる現在の計画変更したばかりである。」

「私達はすべての人々を等しく気にし、私達がすることができると、私達は、これらの状況の多くとして苦しんでいる所で、人々を助けるために熱心に働く。」と彼は、FacebookのWebサイトのポスト書いた。

Since we activated Safety Check in Paris, we have heard positive feedback about how reassuring it is to receive notifications that a friend or loved one is safe. I personally have received several from people I know and love and have felt first hand the impact of this tool. But people are also asking why we turned on Safety Check in Paris and not other parts of the world, where violence is more common and terrible things happen with distressing frequency. Thursday's tragedy in Beirut is one recent example. I wanted to give some more background on the tool itself, its history and why we made the decision we did.

Facebook Safetyとして2015年11月15日 7:24に公開された情報によると、2011年に東京で津波と原子力発電所の事故に対応して開発されたと報告している。

We were first inspired to create a very early version of Safety Check in Tokyo during the Tsunami and nuclear disaster in 2011.

2015-11-14---Facebook、パリ同時多発テロで、安否確認機能をはじめて導入。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

この記事に関連する日付

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。