2015年11月15日

パリの7人のテロリストの中に、最低1人のシリア避難民がいた。

戦争と平和宗教犯罪と裁判

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、最近ヨーロッパに入った最低1人のシリア避難民が、当局によると、第2次世界大戦以来フランスで最も必殺の攻撃を実行した7人のテロリストの間にいたと報告した。

パリの攻撃が129人の人々を殺し、352人が傷つけられた。

土曜日の攻撃について「これはまさに最初である。」と主張し、ISIS責任ステートメントで警告した。

WSJ(Wall Street Journal/ウォールストリート・ジャーナル)は、フランス公式発言を引用し、「これは、私達が恐れていたものである」と、今年これまでにヨーロッパに殺到した800,000人のシリア避難民の間に隠れているテロリストの幽霊を指摘した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

テロリストのうちの最低1人はシリアのパスポートで見つけられて、たぶん、先月避難民としてギリシャを経て、フランスに進んだ。

また、2ヶ月早く、2番目の攻撃者がギリシャの島レロスの避難民として出席したかもしれないと、役員は言った。

当局は、攻撃に縛られた他の過激論者が自由に残留する可能性を除外しない。

最初のテロリスト名は、土曜日遅くにリリースされた。

自殺爆撃機イズマエル・オマール・モステファイ(Suicide bomber Ismael Omar Mostefai)は、パリのBataclanコンサート・ホールで銃撃騒ぎに参加した29歳のフランス人は、彼の断ち切られた指から持ち上げられた指紋により識別されたと、当局は言った。

フランスの政治家によると、Mostefaiは最低2012年まで、パリで南西へ60マイルの町シャルトル(Chartres)に住んでいた。

シャルトルの市長で、議会のフランスのメンバーでもあるジャン・ピエール・ゴルゲス(The mayor of Chartres, Jean-Pierre Gorges, who is also a French member of Parliament)は、Facebookで銃撃犯と名指しした。

フランスの新聞ル・モンド(Le Monde)によると、イズマエル・オマール・モステファイは見たところ2013-14年冬の間に数ヶ月をシリアにいた。

彼は、2010年に、新聞で報告されて以来、根本的なイスラム教化のためのテロリスト・ウォッチ・リストにいる。

このエジプト人は、パリ住民を、コンサート・ホール、レストラン、および国立なサッカー場で、大虐殺を実行した7人の攻撃者の間にいた。

シャルトル(Chartres)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
48°26'37.9"N 1°29'20.4"E

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告