2015年11月03日

性差別を許している最も大きい米国都市は、ヒューストンだけではない。

性とメディア政治経済教育

米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は2015年11月04日に、2015年11月03日にの国民投票票の後では、ヒューストン(Houston)は、LGBT(Lesbian/Gay/Bisexual/Transgender)の人々を差別から保護しないために、米国の中で最も大きい都市になったと報告した。

220万のテキサス都市は、ニューヨーク、ロサンゼルス、およびシカゴの後で、国家の中で4番目に人口が多い、すべてが、ゲイとトランスジェンダー人々の差別を、雇用、住宅、および公的な宿泊施設に禁止している法律にそれらの3つの都市に含まれている。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

実のところ、最も大きい30の都市国家で、ヒューストンを含むほんの8都市は、現在これらのエリアのうちの1つ以上の保護を欠く。

それらの都市は下のチャートで強調される。

人口140万のテキサス州サンアントニオ(San Antonio, Texas)は、住宅および公的な宿泊施設の差別からゲイとトランスジェンダー居住者を保護する。

それは雇用差別から市役所職員と契約者も保護する。

しかし、都市のために働かない人々は、ゲイまたはトランスジェンダーであることでまだ解雇できる。

人口853,000のフロリダフロリダ州ジャクソンビル(Jacksonville, Florida)は、保護を全然提供しない。

人口810,000のノースカロライナ州シャーロット(pCharlotte, North Carolina)は、雇用差別からLGBT市役所職員を保護するだけである。

LGBTの人々を立ち退かせることまたはそれらを提供するのを断ることが合法である。

人口680,000のテキサス州エルパソ(El Paso, Texas)は、住宅において公的な宿泊施設けれども差別を禁止しなかった。

市役所職員と契約者は、雇用差別から保護されるけれども、私的な従業員はされない。

人口657,000のメンフィス(Memphis)および人口644,000のナッシュビル(Nashville)は、雇用差別から市役所職員を保護するけれども、州法は、それらがどのような他の非差別法律でも持っていることを禁止する。

テネシー(Tennessee)で、どこでも、立ち退かせることまたはゲイまたはトランスジェンダーであることとして誰かに役立つのを断ることが合法で、都市はそれについての何もすることができない。

アーカンソー(Arkansas)は今年模倣者法律を承認した。

人口621,000noオクラホマシティー(Oklahoma City)は雇用差別からゲイな市役所職員を保護する。しかし、トランスジェンダー従業員は保護されない。

それは他のLGBT人種差別反対供給を全然持っていない。

2014年に、ヒューストンは包括的な都市条例保護ゲイとトランスジェンダーの人々をすべての3つのこれらのキーカテゴリーで通過した。

有権者は火曜日にその法律を廃止した。部分的に、それは、女性の浴室に入ることが、男性に白紙委任状を与えたことの恐怖の外で出現した。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。