2015年11月03日

性差別を許している最も大きい米国都市は、ヒューストンだけではない。

性とメディア政治経済教育

米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は2015年11月04日に、2015年11月03日にの国民投票票の後では、ヒューストン(Houston)は、LGBT(Lesbian/Gay/Bisexual/Transgender)の人々を差別から保護しないために、米国の中で最も大きい都市になったと報告した。

220万のテキサス都市は、ニューヨーク、ロサンゼルス、およびシカゴの後で、国家の中で4番目に人口が多い、すべてが、ゲイとトランスジェンダー人々の差別を、雇用、住宅、および公的な宿泊施設に禁止している法律にそれらの3つの都市に含まれている。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

実のところ、最も大きい30の都市国家で、ヒューストンを含むほんの8都市は、現在これらのエリアのうちの1つ以上の保護を欠く。

それらの都市は下のチャートで強調される。

人口140万のテキサス州サンアントニオ(San Antonio, Texas)は、住宅および公的な宿泊施設の差別からゲイとトランスジェンダー居住者を保護する。

それは雇用差別から市役所職員と契約者も保護する。

しかし、都市のために働かない人々は、ゲイまたはトランスジェンダーであることでまだ解雇できる。

人口853,000のフロリダフロリダ州ジャクソンビル(Jacksonville, Florida)は、保護を全然提供しない。

人口810,000のノースカロライナ州シャーロット(pCharlotte, North Carolina)は、雇用差別からLGBT市役所職員を保護するだけである。

LGBTの人々を立ち退かせることまたはそれらを提供するのを断ることが合法である。

人口680,000のテキサス州エルパソ(El Paso, Texas)は、住宅において公的な宿泊施設けれども差別を禁止しなかった。

市役所職員と契約者は、雇用差別から保護されるけれども、私的な従業員はされない。

人口657,000のメンフィス(Memphis)および人口644,000のナッシュビル(Nashville)は、雇用差別から市役所職員を保護するけれども、州法は、それらがどのような他の非差別法律でも持っていることを禁止する。

テネシー(Tennessee)で、どこでも、立ち退かせることまたはゲイまたはトランスジェンダーであることとして誰かに役立つのを断ることが合法で、都市はそれについての何もすることができない。

アーカンソー(Arkansas)は今年模倣者法律を承認した。

人口621,000noオクラホマシティー(Oklahoma City)は雇用差別からゲイな市役所職員を保護する。しかし、トランスジェンダー従業員は保護されない。

それは他のLGBT人種差別反対供給を全然持っていない。

2014年に、ヒューストンは包括的な都市条例保護ゲイとトランスジェンダーの人々をすべての3つのこれらのキーカテゴリーで通過した。

有権者は火曜日にその法律を廃止した。部分的に、それは、女性の浴室に入ることが、男性に白紙委任状を与えたことの恐怖の外で出現した。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。