2015年11月03日

ロンダ・ラウジーは、現在 また 二流の性の療法士。

性とメディア

米国の新聞「ニューヨークポスト(New York Post)」は、UFC不敗の女性バンタム級チャンピオンのロンダ・ラウジー(Ronda Rousey)は、女優、作者、オリンピックのメダリスト、モデルでもあること、現在は、また二流の性の療法士であると報告した。

ロンダ・ラウジーは、読者の質問に答えるために、最近雑誌Maximと話し、最初の日付、やせこけたジーンズと、もっと彼女の意見を提供した。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

ベッドで男がどうあるべきか/どうするべきではないかで、私達をピンと立てた唯一の反応は、彼女の獲得であった。「ジャック(Jack)」と名付けられた36歳の男は、親切に「友人(friend)」として尋ねた。

「決してあなたがするべきではないこと:私の歯を噛んではならない!もし繰り返し私の歯があなたの歯に当たっているなら、あなたがしていることに問題がある。それは外で私を幻覚体験させる。私はそれが好きではない。それはひどい。私は私の歯についての物を持っている。たとえ私が、賃金のための顔を打たれるスポーツをしても、もしあなたの歯が私の歯に数回より多く当たるなら、私はすでに、男はいつも何をするべきであるか?にいる。彼の時間を必要としなさい。一般に、女の子は分を必要とする。彼は彼女を準備する必要がある。決してあなたの人生においてあなたには潤滑油が必要であるはずがない。もしあなたに潤滑油が必要なら、あなたは怠惰で、あなたはあなたの時間を必要としない。」

雑誌Maximで、パートナーとの問題を解決するなよな〜〜〜

一般に僅差の2位で彼女の相手を終える女性からの皮肉な到来。また、Rouseyのように聞こえる おしゃべり/おいしい口でおおよその時間を過ごした。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。