gaYa広告

2015年11月03日

軌道で、衛星の修理を補助するロボットの目。

宇宙

NASAは、遠い軌道のサービスと修理衛星テクノロジーを開発し、実演すると報告した。

このロボットの宇宙船は、たぶんジョイスティックで地上の専門家により操作された衛星の修理を補助するロボットの目は、 低く地球の周回を回るハッブル宇宙望遠鏡のような宇宙船のためのケースで、ロボットと他の専門的なツールを使って人間ではなく、実地の工作を運び出す。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この写真は、未来にサービスしているであろう衛星のために使われえたツールのうちの1つを密接に見る:VIPIR(Visual Inspection Poseable Invertebrate Robot/目視検査Poseable無脊椎動物ロボット)で、電動化された秒を装備されるロボット、連結ボアスコープ、変則のトラブルシューティングをするために、ロボットの目が必要で、微小流星体を調査する任務オペレータを助けるズームレンズカメラで、遠隔操作の衛星修理の仕事を実行する。

NASAは今年早くVIPIRの機能を首尾よく示した。

VIPIRは、今やISS(International Space Station/国際宇宙ステーション)に乗るその軌道オンデモンストレーションの2番目のフェーズにおいてNASAのRRM(Robotic Refueling Mission/ロボット燃料補給任務)で使われる。

RRMがカナダ宇宙機関(Canadian Space Agency)の2つのロボット・アームの雑用夫(handyman)Dextreを武装させ、どのように未来のロボットが宇宙での衛星をサービスできて、燃料を再補給するかを示すために使っている。

RRMの3番目のフェーズの間に、NASAのゴダード宇宙飛行センターの衛星サービス機能オフィスチーム(the Satellite Servicing Capabilities Office team at NASA's Goddard Space Flight Center)は、キセノン、イオンエンジンに動力を供給するのに潜在的に有益で無色の高密度貴ガス(dense noble gas)の転送を示すことを計画している。

Image Credit: NASA/Chris Gunn

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告