2015年11月03日

その男は、最後のチキンを取って食べたために刺し殺された。

食品教育

日本には、食い物の恨みは怖いという諺があるが、米国の雑誌「TIME」は、ヒューストンでディナーに出されたチキンの最後の断片を取ったためめに、その人を刺し殺して、逮捕されたと報告した。

昔は、最後の一つは怨念が残るので、遠慮の塊として残し、皿を引いた後に、こそりと福が来ると言って台所で食べたものであった。

テキサスCBS系列会社KHOUニュースによると、34歳のダーウィン・ペレス・ゴンザレス(Darwin Perez Gonzalez)は、ディナーで彼が友人とチキンの最後の断片を取った。その時に始まった戦いで、刺されて殺された。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

38歳のレイナルド・カルドーゾ・リベラ(Reinaldo Cardoso Rivera)は、伝えられるところでは、もうチキンがなかったことに怒り、その不一致は駐車場のげんこつでの殴り合いにエスカレートした。リベラは申し立てによるとゴンザレスを突き刺し、逃げて、そして、現場に戻り、何が起こるかを警察に自供した。

ABCニュースによると、リベラは警察保護にいて、殺人を起訴された。彼が弁護士を持っているかどうかにかかわらず、まだすべてが明白ではないと報告している。

最後に残ったものを食うときは、殺されるかもしれないと、覚悟すべきである。

そう言えば、大阪の友人と、大阪で鴨鍋屋に行って、一つしかない肝を友人が、さっとつまんで食ったときには、私も殺してやろうかと思った!

さらにその料金を俺に払わせた!

鴨鍋屋で、肝を食べた人が、お金を払うというルールが絶対に必要である。

それ以来、その友人とは会っていない。

【広告】 シャワーやお風呂で、石けんをつかって洗いすぎると、しばしばきつい化学薬品でいっぱいの抗菌の石けんなどで皮膚に炎症を起こしたり、繰り返し私達の皮膚のよいバクテリアを殺すことにより実際、私達の免疫は傷つけられることがあります。水では落ちない泥や垢などの汚れを「gaYa-3」でオイル・パックをして浮かし、シャワーで洗い流すことで、清潔にできます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。