on-the-time.jp

2015年11月03日

南アフリカの警察が、武装解除した犯人を蹴り、撃ち殺した。

犯罪と裁判

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、南アフリカの警察がクルーガーズドルプ(Krugersdorp)で、武装解除人したKhulekani Mpanzaを蹴り、撃ち殺す映像がCCTVのビデオで明らかになったと報告した。

南アフリカの新聞サンデー・タイムズ(Sunday Times)により得られた衝撃的なCCTV映像において、すでに彼が武装解除されていた後に警察が容疑者を蹴り、致命的に撃つのが見られた。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

南アフリカのメディアは容疑者をKhulekani Mpanzaと認定し、武装した強奪を試みる間に、より早く彼が警察に発砲したと伝えていた。

警察官は、場面から、彼を、ヨハネスブルク(Johannesburg)の西クルーガーズドルプの舗道で彼が殺されたポイントに追った。

警告:このビデオは、いくつかの読者が悲惨と気付くかもしれない場面がある。

殺人調査は、彼が傷つけられて横になるとMpanza複数回撃つので告発された警官に対してスタートされた。
ビデオにおいて、試みられた強奪において使われた銃は、Mpanzaがグラウンドから届く範囲の外にあったのが見られる。

ユニットの他のメンバーは、銃撃を止めることまたは死にかけている人を補助することに失敗するためのIpid(Independent Police Investigative Directorate/独立警察調査指導者職)からの行動にも直面しているかもしれないだけでなく、彼の後で容疑者を蹴った巡査部長は撃ったた。

サンデー・タイムズによると、32歳のKhulekani Mpanzaは、10月19日の午後のクルーガーズドルプ郊外のハードウェア店ルーイシャム(Lewisham)で強奪を試みた。

ヨハネスブルクの郊外は、かなり治安が悪いと聞いていたが、今回は警察も許されないことだろう。

治安のわるいところでは、殺されたくなかったら、逃げにで無防備になり、地に伏せる。
それでも、運が悪いと殺される。

クルーガーズドルプ(Krugersdorp)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
26°05'46.8"S 27°48'27.7"E

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。