2015年11月03日

南アフリカの警察が、武装解除した犯人を蹴り、撃ち殺した。

犯罪と裁判

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、南アフリカの警察がクルーガーズドルプ(Krugersdorp)で、武装解除人したKhulekani Mpanzaを蹴り、撃ち殺す映像がCCTVのビデオで明らかになったと報告した。

南アフリカの新聞サンデー・タイムズ(Sunday Times)により得られた衝撃的なCCTV映像において、すでに彼が武装解除されていた後に警察が容疑者を蹴り、致命的に撃つのが見られた。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

南アフリカのメディアは容疑者をKhulekani Mpanzaと認定し、武装した強奪を試みる間に、より早く彼が警察に発砲したと伝えていた。

警察官は、場面から、彼を、ヨハネスブルク(Johannesburg)の西クルーガーズドルプの舗道で彼が殺されたポイントに追った。

警告:このビデオは、いくつかの読者が悲惨と気付くかもしれない場面がある。

殺人調査は、彼が傷つけられて横になるとMpanza複数回撃つので告発された警官に対してスタートされた。
ビデオにおいて、試みられた強奪において使われた銃は、Mpanzaがグラウンドから届く範囲の外にあったのが見られる。

ユニットの他のメンバーは、銃撃を止めることまたは死にかけている人を補助することに失敗するためのIpid(Independent Police Investigative Directorate/独立警察調査指導者職)からの行動にも直面しているかもしれないだけでなく、彼の後で容疑者を蹴った巡査部長は撃ったた。

サンデー・タイムズによると、32歳のKhulekani Mpanzaは、10月19日の午後のクルーガーズドルプ郊外のハードウェア店ルーイシャム(Lewisham)で強奪を試みた。

ヨハネスブルクの郊外は、かなり治安が悪いと聞いていたが、今回は警察も許されないことだろう。

治安のわるいところでは、殺されたくなかったら、逃げにで無防備になり、地に伏せる。
それでも、運が悪いと殺される。

クルーガーズドルプ(Krugersdorp)のGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
26°05'46.8"S 27°48'27.7"E

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 芦屋の奥様から、首筋に赤い斑点が出てきて、何をしても消えませんでした。銀座三越のロングハウスで「gaYa-3」を見て、事情を話したら、25mlの「gaYa-3」を見本でいただき、自宅で使ってみたら、首筋の赤い斑点が消えてしまいましたと連絡がありました。1543年にドイツで発行されたLeonhart FuchsのNew Kreüterbuchという薬草学の本には、肌に良い薬草が多く登場しています。それを読んで、「gaYa-3」は植物油をブレンドしています。よかったですね!お役の立てて良かったです。ありがとうございます。