on-the-time.jp

2015年11月03日

獣医のサイモン・トフィールの猫物語「サイモンの猫(Simon's Cat)」。

自然

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、獣医のサイモン・トフィール(Simon Tofield)が時間の圧ときに描いた絵を彼の新しい本として、彼の好きな漫画のうちのいくつかを通じて、私達を論じる「サイモンの猫(Simon's Cat)」を出版したと報告した。

この本は、どのように作ったかをビデオで紹介している。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

このギャラリーでは、新しい本「サイモンの猫」からイギリスの新聞「ガーディアン」のために、サイモン・トフィールが選んで、共有している。

サイモン・トフィールは、9歳の時に最初の猫を与えられた。4匹の救助猫であったそれは、サイモン・トフィールの仕事のためのたくさんのいたずらなインスピレーションを与えた!

この漫画は、本と獣医と、猫の冒険を強調することについて, 色セクションからの楽しみであった。
色を文字と背景に追加することが、サイモン・トフィールにチャンスを与えると言っている。

サイモン・トフィールは、ずっと前に、猫を白くしておくと決めた。なぜなら、彼は簡単な黒白映画で作成されたからである。そして、それは、また、着色された背景の外で彼が輝くことを可能にする。

サイモン・トフィールは、猫好きとして知られているけれども、犬と散歩することも大好きである。それらはそのようなおかしいキャラクターである。そして、猫ができる限り、ほとんどなにもしないようにするのに対して、犬は、節約するエネルギーによってまわりの反対物と走る。

近くで、サイモン・トフィールが働く所を見た後に、しし鼻は発生した。サイモン・トフィールはすぐにその大きい目、そして大きい舌で打たれた。それはいつも掲げている。私は考えられて、説明とアニメーションにおいてこの犬を引くことは、いくつかの大きいコメディの瞬間をもたらすかもしれない。彼は、猫のフラストレーションへの多く本にわたって主演する再発キャラクターである。

とくに、アニメ「Box Clever - Simon's Cat」は、伸びた爪を切るときと、まったく同じである。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。