on-the-time.jp

2015年11月03日

もしかしたら、ロンドンはこうなっていたという建築プラン・リスト!

アート観光

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、もしかしたら、このような建築物がロンドンで建てられたかもしれない幻の建築プランが公開された。

ここののビッグベン(Big Ben)のドラフトと、パークレーンの滑走路(anding strip on Park Lane)、ネルソンのタワー・グローブ(Globe to a tower)から、永遠に、もし築かれるならば都市を変更したであろうロンドンのための300年のデザインである。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

これらに画像は、RIBAコレクションからである。

新しいRIBAイメージサイトには、多くの画像が公開されている。

2015-08-05---アメリカ人!もし、原爆があなたの街に落とされたら!
2015-05-17---米国空軍機の墓地。
2015-04-22---東京の天国への階段。
2015-02-18---どのように25年で、Photoshopが現実を変えたか!
2014-12-14---アメリカで、最も不均衡な都市トップ10。
2014-11-29---イギリスで捨てられた大邸宅。
2014-11-04---イギリスのロンドンにあるの政府庁舎の下の下水道は、巨大なヘド

【広告】 先日、オイルの全身パックをはじめて聞いたという方にお会いしました。実は、エジプトのファラオを埋葬するとき、バチカンで聖人を埋葬するときは、全身をオイルで清めます。また、ダビデ王が、はじめて宗教の王として任命されたときもオイルで清めています。それは、水では落とせない汚れを浮き出させて、きれいにしてから神になったのです。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。