2015年11月03日

もしかしたら、ロンドンはこうなっていたという建築プラン・リスト!

アート観光

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、もしかしたら、このような建築物がロンドンで建てられたかもしれない幻の建築プランが公開された。

ここののビッグベン(Big Ben)のドラフトと、パークレーンの滑走路(anding strip on Park Lane)、ネルソンのタワー・グローブ(Globe to a tower)から、永遠に、もし築かれるならば都市を変更したであろうロンドンのための300年のデザインである。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

これらに画像は、RIBAコレクションからである。

新しいRIBAイメージサイトには、多くの画像が公開されている。

2015-08-05---アメリカ人!もし、原爆があなたの街に落とされたら!
2015-05-17---米国空軍機の墓地。
2015-04-22---東京の天国への階段。
2015-02-18---どのように25年で、Photoshopが現実を変えたか!
2014-12-14---アメリカで、最も不均衡な都市トップ10。
2014-11-29---イギリスで捨てられた大邸宅。
2014-11-04---イギリスのロンドンにあるの政府庁舎の下の下水道は、巨大なヘド

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。