gaYa広告

2015年10月13日

電球が空中に浮いて、光って回る。

BBC Newsは、スイッチが入れられると空中に浮かび、回転する電球は、スウェーデンの起業家により開発されたと報告した。

今年早くそれが起業家の開発資金を集めるためのKickstarterにリストされた時に、US$600,000(£394,000)より多く上げて、何度もその目標を上がてしのいでいた。

【広告】 あるお客様から、50歳を過ぎたころから、首から胸にかけて、疣のような小さなぶつぶつができて、何となく気になっていたのですが、「gaYa-3」を塗ったら、数日で皮膚が柔らかくなって、つるつるになり、ぶつぶつがなくなり、シワも消えたとご連絡をいただきました。ありがとうございます。

会社は、エジソン(Edison)とテスラ(Tesla)のテクノロジーを結合すると、ガジェットに請求するけれども、そこで効果をやりとげると認め、使用料が追加された。

これを、どう何に利用するか?

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

gaYa広告