2015年10月13日

インドのムンバイで、検視解剖直前に男性が生き返った!

健康

AFPは2015年10月14日に、インドの都市ムンバイ(Mumbai)で、検視解剖が開始される直前に検視台の上で目を覚まし、医療スタッフを仰天させたホームレスの50歳(一部におメディアで45歳と言っている)の男性が、再び死亡したと、病院や警察の関係者が2015年10月14日に、明らかにしたと報告した。

インド中で大騒ぎになっている。

この男性は、複数の感染症を患い、意識不明の状態で野外で倒れているところを警察官らによって発見され、ムンバイ市内の病院Sion Hospitalの医師が2015年10月11日に、死亡を確認した。

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

だが、検視解剖の開始直前に男性の呼吸が回復し、起き上がったので仰天した医療スタッフたちはあわてて男性を集中治療室に運び込んだ。

この男性は、重い栄養失調、アルコール依存症と薬物乱用の恐れもあるため病院で治療を受けていた。

ロクマンヤ・ティラク地方自治体総合病院の学部長スレマン・マーチャント博士(Dr Suleman Merchant, the dean of Lokmanya Tilak Municipal General Hospital)は、「彼は、顔と耳にウジがいたアルコール中毒患者であった。」と言った。

病院長ロハン・ロヘカー博士(Chief Medical Officer Dr Rohan Rohekar)は、モディ首相の訪問に伴う警護で多忙だった警察当局が「早く警備に戻りたいがために病院前の路上で診断を急がせた。」と主張した。警察の対応が診断ミスにつながったと批判した。

警察当局と医師らは誤診の責任を押し付け合っていたが、男性が感染症によって2015年10月13日の夜に死亡したことに関しては意見がしていると報告した。

昔の医者は非科学的であったことから、死亡診断書を書いた後に生き返ることはときどき起こり、そのために一晩以上の通夜が行われると聞いたことがある。

ムンバイ市内の病院Sion HospitalのGoogle Earthポインター情報で取得した緯度経度
19°02'02.7"N 72°51'33.9"E

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告