2015年10月13日

米国の男性雑誌「プレイボーイ」、来年からヌード掲載中止!

性とメディア

AFPは2015年10月14日に、米国の新聞「ニューヨーク・タイムズ(New York Times)」が2015年10月13日に、レポートで米国の男性雑誌「プレイボーイ(Playboy)」はインターネットにポルノ画像があふれている現状に白旗を揚げ、ヌード写真の掲載を取りやめると発表したと、報告した。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

全世界のメディアが驚いている。

1950年代、一般大衆層向けにトップレス写真を誌面に掲載することで、ライフスタイルのタブーを打ち破ったプレイボーイ誌は、来年の3月号から「全面的な刷新」を行うとしている。

同誌によれば、「世界一の美女たちのセクシーで挑発的なグラビアは掲載する」がヌードは扱わず、「長文の記事やインタビュー、フィクションなどを取り上げ続ける」という。

女性のヌードを掲載してタブーを打ち破った同誌にとって、思い切った路線転換となる。

プレイボーイ誌は1953年に創刊され、なまめかしげな姿のマリリン・モンロー(Marilyn Monroe)が創刊号の表紙を飾った。

女性の陰毛で稼いだヒュー・へエフナー(Hugh Hefner)が、もう見飽きたのかもしれない。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 別の60歳代の方から、全身パックをしてホットシャワーで、余分な油を洗い落とすとき、お湯が玉になって滑り落ちます。こんな経験は、娘時代にしたことを思い出しました。何となく、娘時代に返ったような気分です。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。