gaYa広告

2015年10月13日

『ブティック』と言う言葉は、どのように、そんなに遍在したか?

言語

BBC Newsの一般化している言葉の起源やその言葉の発展の経緯などを紹介しているシリーズ「The Vocabularist」は2015年10月13日に、日本でも多く見られる『ブティック(boutique)』と言う言葉について紹介した。

すぐに気が付くこととして、『ブティック』と言う言葉は、フランスから来たと気が付くことだろう。

小さなフランス風の店、装飾的な店、ファンシー・ショップ。今では、『ブティック』と言う言葉が、小さくて空想的な意味まで持ち始めている。

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

さらに、小さいだけではなくなり始めている。

今週、中国の「ブティック投資銀行(boutique investment bank)」は、US$150億取引の仲介業をなった。

しかし、言語学者は、この言葉がBC5世紀に帰ると言う。

ギリシャの言葉apotheke(Ancient Greek ἀποθήκη/apothḗkē)は店を意味している-apo(ἀπο)「それからの」とtheke(θήκη)から 「物を置くための場所」であった。

それはBC410についての歴史家トゥキュディデス(Θουκυδίδης/Thucydides)により使われた。

ラテン語において、それはapothecaになった。
しかし、そこから、それは2つの方法に展開した。

時々、言葉のオリジナルの形がクリアであり続ける。

これは、薬の店の特殊化された感覚においてapothecaによって起こった。

イギリスの薬剤師意味薬剤師において、14世紀遅くにチョーサー(Chaucer)の時間までによく設立された。

ドイツでは、今でも薬屋はApothekeである。

しかし、非常に一般的な言葉は、何度も何度も、それらのオリジナルの形への興味をほとんど持たない人々により使われる。

従って、これらは変わり、認めていることが困難になる。

不親切な辞書はこのプロセスを「corruption(腐敗)」と呼ぶ。

参考図書は、これが、どのようにapothecaがブティックに回ったけれども、どのようにおよびいつくぎ付けにしづらいかであると伝えている。

それは非常にたぶん、イタリアを通って来た。15世紀のナポリでpotegaが、店を意味されている。

しかし、フランス語は14世紀遅くまでにすでにbotiqueという言葉を使っていた。

いっそう早く、1242年のドゥエー(Douai)で、1つの税金あたり、人々をだました悪い評判のhostal ou bouticleを保持している。

しかし、「bouticle」はapothekeからであるか?
ストールを意味しているドイツの言葉bude(英語のbooth)がある。

ここで大きな問題を排除している。

その一つが、中世ランテン語の曖昧でいい加減な表記により、大混乱が起こっていることで、例えば、古文書という意味があるCODEXと言う表記を中世ラテン語で探すと、膨大な数の違った表記があり、それからどこのクロスターで書かれた古文書かを探すきっかけにもなっている。

次に、中世の表記を英語で考えてはいけないと言うことである。
今でも英語には、同じ意味で、ラテン語系とゲルマン系の2つの表記があり、さらに多くの言葉が間違って伝わったことが多い。例えば、ドイツ語のmitは英語でmが天地逆転し、withになっている。こんなことは、とくにギリシャやローマの石碑に彫られた文字の表記法にもいえる。とくにヘビ文字表記法とも俗称で言われる表記法は、彫られる方向で文字が左右、上下にひっくり返る。

今回のこの記事でも、ギリシャ語に言及しているが、ギリシャ語表記をサボっていた。
これでは、知的な人が調べたと考えにくいので、私がギリシャ語表記を追記した。

これが、アメリカに行くと、さらに酷くなる。

実のところ、言葉は複数の起源を持つことができる!例えば、「Shamefaced(つつましやか)」は、元来恥辱の初期の意味「firmly modest(堅く謙虚)」であった。

しかし、何人かの人々が、それが、「faced(直面)」と思い、それはよく使われた。

従って、ブティックはbudeとapothekeから派生しているかもしれないか?
フランスの革命家があざけったイギリスは、何年もの間通常意味されているパリ風の店で、イギリスの小売店主を「nation boutiquiere」と呼んでいた。ブティックの国王であった。

フランス語において、それはまったく控えめな店を意味しているかもしれないけれども、それは、ブリトン人が、まわりで聞こえることに最も興味があったファッショナブルなものであった。

それでも、1950の前に、パリのファッショナブルな魅力のうちのいくらかをつかむためにここに「ブティック」を開くことが多く始まった。

1827年に、ダービー・マーキュリー(Derby Mercury)は、彼の「ブティック」のために、アルフレッド・ルイス(Alfred Lewis)から運んだことに言及し、高貴さとジェントリーが香水、磁器、宝石類、および「de la fabrique française」という流行アクセサリを買うことができた。

しかし、警告されたルイスの「小さい宮殿王室(Petit Palais Royal)」は、「14日間だけ」町の郵便局の向い側にあった。

weblioでも「boutique」を扱っているが、非常に貧弱である。
それから比べれば、BBC Newsの情報も貧弱でお粗末だが、追記することで多少楽しくなる。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。

【広告】 ジョナサン・ストラウド著「バーティミアス-プトレマイオスの門」理論社の13ページに、刺客の足の親指の爪は、ぞっとするほど恐ろしく、ワシの鈎爪みたいに曲がっていて、ヤスリで鋭く研いである。足は大切な道具なので、手入はまめだ。いつもきれいに洗い、軽石でこすってから、ごま油をつけているので。羽毛のように滑らかだ。刺客は手の指と足の親指の爪だけで体をささえるという。この強力な爪で、刺客たちは大理石の柱をよじ登り、マッシリアからパロラマウントにいたる氷の滝を越えてきたとある。これは小説だが、爪以外の足の手入は正しいと思う。日本の忍者もごま油を使っていたことだろう。