on-the-time.jp

2015年10月02日

Googleのドライバーレスの車は退屈。

未来

BBC Newsは、ことによるとGoogleドライバーレス車チームに与えることができた最も大きい賛辞は、それらの先駆的な製品を経験することが完全に平凡な感触をしていることであると報告した。

今週、たくさんの他のレポーターとともに、それらのドライバーレスの乗り物のうちの2台に試乗を与えられたと報告した。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

1番目は、今や1年のかなり間外にここのまわりの通りにあった修正されたレクサスであり、改善し、新しいシナリオがチームにより記録されて、分析され、毎日学ぶ。

ドライブ自身を除いてこのバージョンは、道路のためにであることと、とても「既」、オフの静かな本質的に正常な車である。

2番目の「車」は、どんなポイントが車であるのをやめさせるか?と言う点でより興味深く、Googleがすべて、終的にこれと最一緒に行く所のよりよいものである。

それは、奇妙な小さいさや、完全に自治の乗り物のためのプロトタイプである。

無ハンドル。

無ペダル。

本当の何もなく、2、3の椅子のために、コントロールパネルだけである。

プロトタイプは今年早く初公開されたけれども、それについて多くを耳にしたわけではなかった。

今や、Googleはその建物のうちの1棟に加えて障害コースを設定した。

「危険」が間に合わせのコースの向こう側にあった。バイク、出発する車、横切ってあてもなく歩いている人。
もちろん、車はすべてのこれを完璧に扱った。

しかし、それは遅かった。それは用心深かった。

それが安全であったこと、ことによると、ずっとどのような人でもそうであるかもしれないより注意深いドライバーであった。

それはまるで、カンボジアやベトナムの道路のようであった。

ドライブ中のある瞬間に、ジョギングをする人が走った。

彼は道路の逆の側にいて、どのような人の目でも、彼が危険を全然提出しなかったと本能的に知っていたであろう。

しかし、Google車はうろたえて、緊急事態停止のためのブレーキに当たった。

幸運にも、私達の後ろに誰もいなかったか、または、私は、それらが私達の後ろに入ったであろうと確信している。
Googleのエンジニアは、もし車がすぐ後ろあったならば、そんなに突然停止しなかったであろうと言った。

しかし、ジョギングをする人が危険であったと思うか?
車は後ろから衝突を起こすというよりも彼に耕したであろうか?
それは、心理学者を数世紀の間討論させ続けた古典的な倫理ジレンマである。

Googleは、それがそれらの理論的なシナリオでさえあるとわかる。
選ぶために、極少な有害であるとそれが思うものが強制した所で、Google車は人よりまだずっとスマートで、決定的に、まず第一に存在して数千回の生命を救う。

Google車に乗ることは遅く、退屈であるかもしれないけれども、世界でそれがある効果は、確かではない。

Google車は、カンボジアで車椅子に50ccのエンジンを搭載して、身体障害者暴走族を走らせてしまったときの車椅子より遅かったのかもしれない。

私は生涯、こんな車に乗りたいと思わない。これはまるで回転観覧車のように感じる。
そして、すべてがこのような車にならない限り、車社会のアンバランスによる事故が多発することだろう。

つまり、不安を取り除くのではなく。不安を拡大しそうである。

2015-10-02---ダイムラーの自動運転トラックが、初のアウトバーンを使った公道試験走行。
2010-10-09---Googleが、自動運転カーのテストしたと発表。
2006-05-01---米国国防総省が自動運転ビーグル・レース情報を公開した。
2006-03-27---オープンロードで自動運転開発レースで、US$200万の賞金与えた。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

この記事に関連する日付

【広告】 冬、寒くなって「gaYa-3」が真っ白になっているので、すぐにロングハウスに電話したら、全部天然オイルで、一番良いときに使えるようにデザインされていると聞き、真っ白になっているオイルを手の平に一滴落としたら、目の前ですぐに透明になってきました。もの凄く不思議!早速、説明書を読んでiいただき、納得していただきました。

この記事に関連する外部のサイト