2015年09月14日

アメリカで宗教改革が本格化!

宗教経済

米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は2015年09月14日に、米国でアメリカ人が教会に助成金を払うのかという疑問が広がり、アメリカ人は宗派を去っていると報告した。

マルチン・ルターの宗教改革も、なぜ読めない聖書の宗教を信じるのかという単純な発想からであった。
印刷技術が50年間で大きく発展し、読めない聖書への疑問は自然発生的であった。

其れはちょうど、フランシス法王(Pope Francis(が米国にはじめて訪問する直前に、大きな注目になった。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ワシントンベースのアメリカ人道主義者協会(American Humanist Association)、および「反撃する 右 :理由への攻撃からアメリカを矯正する(Fighting Back the Right: Reclaiming America from the Attack on Reason)」、および「信じない人国家:現世のアメリカ人の上昇。(Nonbeliever Nation: The Rise of Secular Americans.")」の著者fr法律のディレクターであるデイビッド・ノイズ(David Niose)は、教会に課税するための議論は何年もの間あったけれども、すぐ、アメリカの変わる宗教の人口統計が、彼らにより多くの牽引力を与えると信じる理由がある。

より多くのアメリカ人が、組織された宗教を捨て、新規俗人の多くは税金コードを経た援宗教助のために冷淡である。

最近の投票で18歳から33歳まで4人のアメリカ人の約1人、およびそれらのうちの1/3より多くが年老いて、現在宗教の入会を全然要求しない。

事実上、誰もが、1つの全面的な税制優遇措置あたりすべての宗派のための1つの宗教の信条(独立した数は20世紀のほとんどのための単一の桁において投票した間違いなく公正であったことに申し込んだ時にバックした。または、少なくとも無害である。

しかし、時は変わり、従って、教会が楽しむ並みはずれた特典についての態度を持っている。

たぶん、税金コードの下の宗教の特権の最も言語道断な例は、いわゆる教区牧師館免除である。

現在の税金法律、「福音の大臣」の下では、住宅と関連した事実上すべてのコストをそれらの収入から引くことができる。

最悪で、免除が援助し、見苦しく、納税者10セント硬貨においてUS$数百万の地所を満喫しているテレビ宣教師。

しかし、より普通の文脈においてさえ、手当は、納税者により助成金を与えられていた組織された宗教に動いている守りがたい利点を表している。

教会への別のチップは固定資産税免除である。

それは、公的な安全、道路修理、および他のサービスのために使われえた金に困っている地方自治体収益を否定する。

町の他のみんなのように、教会は、市から提供されたサービスから利益を得ているけれども、単にそれらが教会であるので、ほとんどのエリアでプロパティ課税を免除されている。

これは日本も同様で、与党の公明党の母体創価学会は宗教法人で特別税制で、ほとんど免除されている。

つまり、税金を払わない団体の下部組織が政治に参戦している。鳩山由紀夫は、個人的脱税で、政治生命を泊だとされたが、与党の公明党の母体創価学会は組織として税金を払っていない。

こういう組織に所属した人は、または、組織票がまとめられる人は政教分離の原則で被選挙権を剥奪すべきである。

いくつか、教会が慈善活動を通じて多くの善をすると主張して、この並みはずれたハンドアウトを防御する。

たとえそれが免税をほとんど正当化しない。および、それがすべての教会のためのケースではないので、これが真実でも。

多くの個人、およびよいけれども静かな支払いとしての「善をしなさい」という企業のそれらの財産税は、さらに、社会事業を提供するために教会に頼っていることは、ほとんど、啓発された社会のマークではない。

偶然非キリスト教徒であるホームレスの人は、助けについてローカルなキリスト教教会に依存する必要があるはずがない。

現代複数性社会では、公的な資源は社会事業で利用可能であるはずである。

代わりに、アメリカで、口実の下の教会を支えるために、私達が税金コードを用いる宗教の慈善活動は必須である。

どのような不動産オーナーでも、財産税を支払うことを予定し、教会は、違いがあるはずである。

また、教会はレストランやホテルなどの経営を開始している。
一部に礼拝場を作って、税金を逃れている。

もし教会が、それらが課税される余裕がないと主張するならば、人は、どのようにまず第一に、それらが不動産をもたらすかを疑わなければならない。

プロパティを所有している典型的な教会は、税金請求書をカバーするために結合することができた数百人以上のメンバーを持っている。

たぶん、そのようなメンバーシップを持たず、サポートするそれらは、不動産を所有するべきではない。

私達がアメリカの宗教の特権を再評価するので、教会に所得税を支払わせている観念さえテーブルにあるはずである。

という批評家は言う。

ところが創価学会と公明党は、教徒の財産まで管理し始めている。

学会員の親戚で、資産家を狙い、創価大学法学部を卒業した弁護士が乗り出してきて、財産分与の権利のある人を閉め出している。

損益を報告する必要の教会は、何とかして、不適切な侵入であるけれども、この議論は精査のもとで失敗する。

アメリカ人が、組織された宗教に対してますます沈下すると、社会政策がスーツに続いてそれは理解するだけである。

政府は宗教に敵対する必要がないけれども、どちらもそれはするべき、特典をそれに置く。

不修道士は、現在宗教の人口統計と成長の最も大きいカテゴリーのうちの1つであり、それは、変化が宗教のビジネスの地平線にあるのを意味している。

宗教は、脱税すべきではない。

【広告】 肌がガサガサになってきて、しわくちゃになってきて、このまま死んでいくのかと思ったら、何もする気が無くなっていたとき、友達が、笑いながら、「gaYa-3」をくれたのです。老眼鏡で説明書を読んで、試しに全身パックをしてみたんです。1週間続けたら、太っていないのにツルツルで、ぷよんぷよんになってしまいました。そうしたら気分まで明るくなって、来年は世界一周を計画しています。と、ご連絡いただきました。皆様が、お幸せになっていただけることが喜びです。ありがとうございます。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。