gaYa広告

2015年09月14日

『hoverboard』に取り組むために通勤しようとした時に起こったこと。

未来

米国の新聞「ワシントンポスト(Washington Post)」は、誰も知っているセグウェイ(Segway)。SkrillexからJ.R.スミスまでの多くのよりクールでないように見えるものがまわりで疾走している。

科学者Dean Kamenwが改札したセグウェイ(Segway)をGingerとして、米国の雑誌Timeが2001年12月2日に紹介して14年になる。
今では衝撃が消え、新しい世代の自走乗り物の話題が急増している。

また、SF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back To The Future)」シリーズに登場したものと同じような、空中に浮かぶホバーボードの試作品を開発している。

スクーターと、時々呼ばれるhoverboardsグラウンドに100%接着され、歩き回るための努力不要で、幸福に満ちあふれた方法のようであったと報告した。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

前に傾ければ前に行く。

後に傾ければ帰る。

仕事が与えられると、スクーターが交通の破壊的な形であるかもしれないと思っていないではいられなかった。

そこで研究し始めて、1つのモデル、PhunkeeDuckを見つけて、それは10mphの一番上のスピードを要求した。

ほとんどは6mphの一番上のスピードを約束する。
10mphで、マンハッタンのタクシーの平均的なスピードより速く旅行している。

都市の多くの旅行のために、たぶん、電気のスクーターは完全なフィットであると考えた。

なぜ、スクーターにおいてあなたが楽しむことができた時の、車またはバスでの着席と燃焼化石燃料?
さようなら、汚染、および渋滞。

こんにちは、持続可能な交通涅槃。

確信し、セグウェイは決してわからなかったけれども、これらのスクーターはより小さく、より安く、ポジティブなうなり声を得た。

PhunkeeDuckを空けた時には、ワシントン・ポストニュース編集室の興奮している群衆が取り囲んだ。

すぐに弾み、まわりにぎこちなくつまずいた。

午後の残りのために、物好きな同僚は彼ら自身の回転を取った。

写真とビデオは、ソーシャルメディアからあふれた。

いくらかの実行によって、中で、平均的なバランスの感覚を持つ誰でもこれらのスクーターをマスターできる。

それらに乗ることは、特に10セント硬貨をつけるそれらの能力によって楽しみである。

それらは、強い候補者のように2015の熱い休日おもちゃでのようである。

しかし、本当の欠点は入る私が夢見ていたもの--アウトドアの交換であった。

スクーターは、歩道クラック、またはでこぼこの舗道を処理するために築かれない。

火格子とマンホールカバーは迷惑である。

木根により持ち上げられたでこぼこの歩道は最も悪い。

外での最初の日について、少しのブロックの後で足が締め金で留められた。

ボードに滞在しようとするために、筋肉の緊張しないではいられなかった。

実行によって、たいそう良くなった。

たとえそうでも、時々、グラウンドをなめらかにするために、スクーターからそれを飛び越えて、再配置することを強制された。

中でうれしい経験は逆の外であるかもしれない。

しかし、這うことに遅れている方法をそうするためにほとんどを操縦することを学ぶことが、平均的な都市歩道があなたに投げる挑戦が可能である。

あなたは歩いていたほうがよい。

スクーターをバイクレーンに持って行くことを考慮したけれども、約5mphの平均的なスピード、それによって不適当に場違いな気がし、危険である。

その仕事のために典型的な交換によりバイクの15分から20分までが取られる。

PhunkeeDuckにはじめて乗った、それには厳しい65分かかった。

もちろん、それらの約10は見物人から停止および応答質問に失われた。

私達は私の2番目の日の交換を映像化した。

約40分によって2.3マイルストレッチをカバーした。

それは、乱暴に、仕事に歩くことで取る時間である。

そして、足、またはバイクにいたより到着し、中でびしょぬれになり、いっそうもっと汗ばんだ。

交換において歩みを取らなかったけれども、スクーターに乗ることは運動である。

あなたは常にあなたのバランスを維持している。

それはあなたの足および中心的な筋肉を張る。

もし1つの予想外の物があるなら、スクーターから学んだ有名人が通り抜けることが地獄である。

スクーターにおいて、誰もがあなたの断片を望んでいる。

ドライバーは、質問をするために寄った。

何人かの人々が写真をとった。

他の人は、たった今ぽかんと見つめた。

それは最初は楽しみであるけれども、迅速に蒸発した目新しさ。

食料雑貨店への1回の急いで運ばれた旅行において、それ少ない注意およびより少ない問題を引き付けることの期待に乗るというよりも、自身が腕の下の22.8ポンドのスクーターを引きずっていることを発見した。

1人の男が、まだ、どこで彼がそれを買うことができるかを尋ねていた。

PhunkeeDuckはUS$1,499.99でハイエンドにある。

まだ高すぎる。

Hands Free Segway thing for $200

US$200なら、爆発する!

2015-08-07---クレージーな日本人はたった今、スケートボードを完成しました。
2015-06-24---トヨタが、「ホバーボード」の試作品公開。
2015-05-22---無人飛行機「ドローン」の上に人間が立って、ギネス世界記録達成。
2014-11-20---雑誌「TIME」、2014年最高の発明品トップ25。
2014-08-29---空中浮揚させることは、離陸するかもしれない。
2012-01-13---未来は「自走ローラースケート」で、移動?
2011-10-10---「Back to the future」の空飛ぶスケボー実験に成功!
2011-09-09---Nike Air Magsとバック・トゥ・ザ・フューチャーの「Marty McFly」が買える!?
2010-09-26---セグウェイの製造・販売を手がけていたオーナーが、セグウェイで死亡!
2009-09-24---ホンダ、パーソナルモビリティ技術を新開発し、試作機「U3-X」を公開。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。