gaYa広告

2015年09月14日

麻薬とナチス。ヒトラーの軍隊はクリスタルメチルアルコールスタイル薬Pervitinを常用。

麻薬とメディア戦争と平和

イギリスの新聞「インディペンデント(The Independent)」は、第二次世界大戦中にナチ麻薬を使用していたことについての新しい本は、ヒトラーの軍隊は、それらが広く目覚めていて、幸福感にあふれて、無敵であると感じていることを保持するために、クリスタルメチルアルコールの高いバージョンを使用して、ポーランドとフランスへの「電撃戦」侵略を実行したと書いていると報告した。

先週ドイツで出版された「Der Totale Rausch(突進)」で、ノルマン・オーラー(Norman Ohler)はメトアンフェタミンベースの麻薬によるキー戦略的役割を明らかにする。軍隊では1937年から「Pervitin」の商標名の下でナチにより製造されて、配布されていた。

【広告】 九州のお医者様の奥様が、偶然使われ、凄く良いので九州まで送って欲しいと言われ、早速対応させていただきました。 これはどこで買えるの?と聞かれてしまいました。お店は銀座三越4階「アトリエロングハウス」TEL: 03-3562-7012で購入いただけます。よろしくお願いします。

この薬は、幸福感のストレスと疲労および作成された感情と戦うようにデザインされたピックアップ錠剤として販売された。
「最初に、軍隊は、Pervitinが薬であることに気がつかなかった兵士は、それが吸収コーヒーにちょうど似ていたと思った。」とオーラーは説明された。

しかし、ナチスのリーダーシップは戦闘の間の興奮剤としてPervitinの価値に十分に気づいていた。

ドイツのポーランドへの侵略の間に1939年にそれを試した後に、ドイツの軍隊は、その後、1940の春にフランスに進む前に、Pervitinの3500万錠のタブレットを兵士に命じた。

フランスの侵略は世界に衝撃を与えた。4日において、ヒトラーのタンクは、どうにかして第一次世界大戦の4年でドイツの軍が確保し、より多いフランスの領域を捕らえた。

Pervitinは、侵略ナチで目覚めているままでいることを手助けし、行き続けて、見たところ大きいと感じている。

オーラーは、ドイツと米国の軍隊のアーカイブで数ヶ月の研究に彼の発見の基礎を置く。

歴史家は、彼の新事実はドイツの戦時の軍隊役割の現在の認知を変更すると言う。
「電撃戦が、薬から燃料を供給される戦争であったという事実は、もう一度ドイツの軍隊がクリーンであったという理論を暴露する。」とドイツの歴史家ハンスモムゼン(Hans Mommsen)は言った。

まるでそれが彼の「日々の糧」であるかのように、第二次世界大戦で、エルヴィン・ロンメル将軍(The Second World War General Erwin Rommel)、いわゆる「砂漠のフォックス(Desert Fox)」は、Pervitinを消費したといわれている。彼はフランスの侵略の間にタンク司令官としてヒトラーにペンキを塗られた。

オーラさんは、どのように、ナチが、1930年代の間のドイツですぐに入手可能で、「ユダヤ人」としてそれらを非難したコカイン、アヘン、モルヒネなどのレクリエーションの薬を拒絶したかを説明する。
第三帝国の化学者は、代わりの興奮剤がアーリア人マスタレー(Aryan Master Race)に適しているのをもっと発見するように勧められた。ナチスの化学者フリッツハウシルト(Fritz Hauschild)はPervitinを考え出した。

「ナチはPervitinがコカコーラと競争してほしかった。従って、人々はそれを取った、それは作動し、それらは幸福感にあふれてiいた。」と、オーラーは説明する。

銃後の数百万人のドイツの主婦が除外されないことを保証するために、ナチは、薬を含んでいるチョコレートを開発することさえした。

本は、ヒトラーの個人的な医師セオドア・モレル博士(Hitler’s personal physician, Dr Theodor Morell/Theodor Gilbert Morell)の役割に洞察も提供する。作者は、どうにかして、モレルが、彼が、戦争の前にナチスのパーティーに参加し、新しいアイデンティティ書類を得ることによってユダヤ人であったという事実を隠したことを明らかにする。

モレルは、ヒトラーを、薬に完全に依存させたといわれていて、彼はそれに変える1945年に彼のベルリンバンカーで彼が自殺した時間まで、バーチャルなジャンキーであった。オーラーは、彼がヒトラーに1,349日の期間の間に800回の噴射の合計を与えたことを明らかにするモレルの注へのアクセスを得た。

しかし、より多くの話しは、従来のモルヒネの2倍の鎮痛薬「Eukodal」と呼ばれる薬へのヒトラーの成長依存について、オーラーの新事実である。
彼は、イタリアが、ナチスドイツとその同盟から手を引くことを考慮していた時に、最初のポイントで1943年にムッソリーニとのミーティングの前にヒトラーが薬を与えられたと明らかにする。

2回のEukodalの後に、ナチスのリーダーがそんなによいと感じた彼は、当面ドイツの所に泊まることをムッソリーニに納得させることができた。

ただし、米国のジェット戦闘機のパイロットは、特殊なLSDを服用していたという噂は、以前からあった。

麻薬を武器にするという考えは、昔から軍隊にはあった。

現在でも米国が攻め込んだベトナム、カンボジア、アフガニスタンは麻薬で有名な地域である。

2014-10-19---ベルリン本拠のモレル博士により、ヒトラーは、麻薬中毒であった。
2013-02-22---ヒトラーを倒そうとしたドイツ人ホワイト・ローズ。
1943-02-22---ヒトラーを倒そうとした3人のドイツの学生が、ミュンヘンで処刑された。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する日付

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。