gaYa広告

2015年09月14日

アルツハイマー病は、進行を遅らすことができる。

美容と医学の科学健康食品

米国の雑誌「TIME」は、アルツハイマー病での脳の低下を止めることができないけれども、最新の研究により、赤ワインの何かがそれの速度を落とすことができることがほのめかされていると報告した。

アルツハイマー病を適度にするために穏やかに作者が最も大きく、人々のレスベラトロル(resveratrol)の中で最も長い研究と評するものには、赤ワイン、ブドウ、およびダークチョコレートに発見されるコンポーネントは、病気が進行することを防ぐことができるという励みになっているニュースである。

ただし、現状ではボトル約1,000本の赤ワインに含まれているものに匹敵するなど、赤ワインでアルツハイマー病のために、レスベラトロルを接種しようとすると、アル中どころか、死亡するだろう。

これは、医療詐欺の素材を提供しているのに匹敵する。
すでに、詐欺のような画像も多く見受けられる。

私も多くのオイルを調べているが、宣伝で騒いでいるものは、ほとんどが怪しい。

そんなのに大学教授まで協力しているl

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ジョージタウン大学メディカル・センター神経学の教授)および彼のチームのメモリー不法行為プログラムのディレクターであるR.スコットターナー博士(Dr. R. Scott Turner, professor of neurology and director of the memory disorders program at Georgetown University Medical Centerは、レスベラトロルの浄化された形を作成した。

それは、糖尿病や癌などの年齢関連性条件を防止するための動物性のおよび人の研究において勉強されている。

神経学(Neurology)において出版された研究において、彼は、どのように彼らが119人の人のグループの半分を無作為に割り当てるか毎日最高1,000mgのレスベラトロルにかかわることを記述した年のための気休め薬への他の半分では、その人のうちのすべては穏やかなまたは適度なアルツハイマー病にかかった。

こんな実験をして良いのか?
アルツハイマー病は今や人権問題である。

年末に、ターナーはそれらの毎日の生活で、人が研究の開始からどれほど独立であった認識のテストとアセスメントについての人の点数を比較した。

「私の悪夢は、何も気休め薬グループと違わなかったことであり、話すべき興味の何もない」
「けれどもそれが起こらなかった。私は、レスベラトロルが、非常に興味深く、取り扱いを発展させるために薬理学的に処理できるかもしれない魅力的な目標であると思う。」と、彼は言う。

アメリカの実験を見ていると、ときどき致命的な病気にまで、人体実験に利用している。
これは、現代の暴力的な実験である。

レスベラトロル・グループは、アルツハイマー病患者の脳において増進するたんぱく質のレベルの変化を全然示さなかった。
ターナーのグループは脊髄の流体と血のたんぱく質も測定し、レスベラトロル・グループの年の間違いを見なかった。

脳、およびたんぱく質の少しのたんぱく質飾り額形のより多くが、ボディの残りにリリースされるので、エキスパートが信じていて、アルツハイマー病が進歩するので、それはありそうである。

アルツハイマー病について正符号であるレスベラトロル・グループ、また示されたより少ない脳ボリュームの病気が、神経接続を妨げることができる点火とはれものを起こすかもしれないと言うことであった。

より多くのアルツハイマー病研究での顕著な進歩がある。

いっそう促進する一定の毎日の活動を、彼ら自身、服を自身に着せて、入浴させるそのように維持するそれらの能力で扱われた示されたわずかな改良であった人。

どのようにレスベラトロルがアルツハイマー病プロセスに影響しているかもしれないかはまだクリアではない。

ターナーは、この発見は、赤ワインが、アルツハイマー病の参加者が必要とした浄化された一服のレスベラトロルの量が極めて高く、現在市場に見つけられたそれらを過ぎるの治療法であることを示唆しない。ボトル約1,000本の赤ワインに含まれているものに匹敵する。

つまり、赤ワインでアルツハイマー病のために、レスベラトロルを接種しようとすると、アル中どころか、死亡するだろう。

さらに、彼は、現在店頭で入手可能なレスベラトロル補足は規制されていない。私達は、どれくらいそれがあるかを知らないと言っている。

それが給付を本当に持ち、それから、それが、目標アルツハイマー病を改良できるより効果的な薬に変えられえたかどうかをわかるために、私達にはより多くの研究が必要である。」と言っている。

非常に無責任な研究である。

2015-09-09---ショック!アルツハイマー病は、人から人にまん延する!?
2015-08-19---科学者は、ラボでほとんど完全に形成された人の脳を初めて育てた。
2015-07-22---アルツハイマーを低下させ、退化を遅らせることができる薬とサイン。
2015-01-05---脳のための食物、あなたの脳に何がたらないか?
2014-10-12---もっとも、危険なあなたの脳を健康にしておく方法。
2014-09-30---あなたの記憶を保護することが証明された練習。
2014-09-25---脳修復は「ウコンによって押し上げられるかもしれません。」
2014-06-03---脳刺激。軍人のマインドをザッピングするプロジェクト。
2014-06-02---第二言語の学習は、老化を防止する。
2014-05-28---ポルノは脳に悪影響を及ぼすか?
2014-05-21---クラゲの脳とアルツハイマー病の治療。
2014-05-11---脳への電気刺激で明晰夢に誘導する実験に成功。
2014-05-05---脳を読む困難なタスク。
2014-05-01---記憶を回復する脳インプラント。
2014-04-29---脳退化に関連したタイプ2糖尿病を発見。
2014-04-23---ネズミで、アルツハイマー病の記憶回復に成功。
2014-04-21---猫は一体全体どう思っているのか?
2014-04-16---最近の医療研究報告で、注目された6項目。
2014-04-14---アルツハイマー病の重要な危険要因伝子の変異体は、男性より女性がさらに危険。
2014-04-11---多相の眠りで、あなたの脳をハッキング!
2014-03-18---私たちの脳を脅かす毒素。
2014-03-09---アルツハイマー病を予測する血液検査を開発。
2014-03-03---科学者は今、ハエの脳をレーザーでコントロールできる。
2014-02-08---脳波からクラシック音楽を直接作曲する方法。
2014-01-12---コーヒーは、長期記憶を格納する脳の能力を高めるかもしれない。
2013-12-10---痴呆:研究で、5つの優先事項。
2013-10-17---脳の老廃物の排出は、就寝後にスピードアップ。
2013-08-07---ココアは「記憶力の衰退を防ぐかもしれません。」
2013-06-12---脳のブラックボックスをこじ開けること。
2013-05-07---アルツハイマー患者の脳内、糖尿病と同じ状態に変化。
2012-10-23---70歳代のエクササイズは、脳の収縮を止める!?
2012-09-18---マリファナとアルツハイマー病
2012-08-07---アルツハイマー病薬は、試行失敗の後に棚上げされた。
2012-03-22---肥満は、脳を衰退し、65歳以上の3人に1人は痴呆で死ぬ。
2011-02-17---耳が不自由な高齢者、認知症リスク高い!
2010-12-02---農薬は、アルツハイマー病などの認知症リスクが増大!
2010-05-25---私のアルツハイマー病予防のため、一緒にお酒を飲んで頂けないでしょうか?
2009-09-21---世界中で、アルツハイマー病がもの凄い勢いで増えている。
2009-07-06---1日5杯のコーヒーで、アルツハイマー病が治った?!
0000-09-21---世界アルツハイマーの日

【広告】 夏季後の汗によるかぶれ、肌荒れ、発疹が急増していることが放送されました。周囲の方に聴いたところ、ほとんどの人が悩んでいました。「ガヤ-3(gaYa no3)」を試していただいたら、調子が良いと言うことでした。 無料プレゼントの結果、多くの方に驚くほど感謝されました。ありがとうございました。秋になっても、これほど多くの方が、まだ悩んでいたことにも驚きました。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

この記事に関連する外部のサイト