gaYa広告

2015年09月14日

脳に直接つながっているロボットの手。

健康美容と医学の科学ファッション自然宗教

イギリスの新聞「ガーディアン(The Guardian)」は、ロボットの手に触れる時に、高度な補綴は、麻痺した人がムーブメントとレジスターをコントロールすることを可能にすると報告した。

脳に直接つながっている新しい高度なロボットの手は首尾よくテストされて、麻痺した人は「感じること」を可能にする。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。

ジョンズ・ホプキンズ大学で応用物理研究所により開発された手(The hand, developed by the Applied Physics Laboratory at Johns Hopkins university)は、米国軍隊のDarpa(US military's Defense Advanced Research Projects Agency/米国国防総省高等研究計画局)のため出資された高度な置換手足に研究プロジェクトの一部である。

脊髄損傷の後に10年より多くの間麻痺した28歳の男性は、感覚を伝達している彼のものとモーター外皮に挿入された補綴の手から電極を持っていた。

手の指に個々に触れた時には、これは、彼が考えと感覚によって手をコントロールすることを可能にした。

手のセンサーは、プレッシャーが指のうちの何にでもあてはまり、感触感覚をまねするために電気信号を作成するのを検出する。

Darpaによると、目隠しされる時に、ボランティアは、手のどの指に約100%精度によって触れるかを決定できた。

「1ポイントで、1本の指を押す代わりに、チームは、彼に話さずに2を押すと決めた」と、Darpaプログラムマネージャのジャスティン・サンチェス(Darpa program manager Justin Sanchez)は言った。

「誰かが彼への悪さをしようとしていたかどうかにかかわらず、彼は、冗談のように頼むことに反応した。それは、彼がロボットの手を通して気づいていた感情が近く自然であると知っていた時である。」

サンチェスは「考えによってコントロールできる補綴の手足は、大きい約束を示しているけれども、フィードバックなしでは、シグナルが後ろに脳に進むので、必要な管理水準を達成することが精密なムーブメントを実行しづらいかもしれない。」
「メカニカルな手から感触の感覚で、脳に直接配線することによって、この仕事で、より自然に近く、機能のシームレスなバイオテクノロジー的な復元のための可能性が示される回路を私達は完成した。」と追加した:。

それが依存している手と神経テクノロジーについて望んでいる感覚によって、手足を失った人に管理水準を提供できるだけではなく、完全に役目を果たしている交替要員を得ることを、人々を許すと言っている。

2015-08-23---身体障害の男子生徒は、新しい『物凄い』生体工学の手を得た。
2015-07-01---さて、脊椎損傷にどれがベストか!?
2015-06-18---女性のハイテク生体工学の手は、『彼女の無器用な瞬間を取り除く』
2015-06-13---世界初の頭移植を試みる神経外科医。
2015-06-08---中国の外科医は、1,000の匹のネズミの頭を移植した。
2014-10-21---世界で始めて脊椎損傷で麻痺した人は、細胞移植の後に再び歩き出した。
2014-06-21---馬のための幹細胞処理が人間で試される。
2014-06-10---オリンピック金メダルを6回獲得した米国の水泳選手が、脊髄損傷。
2014-04-08---下半身不随患者の電極移植術が向上!
2014-02-05---触感と形を伝える「バイオニック・ハンド」を開発。
2013-08-05---世界初の長屋宏和の頚椎損傷神経再生医療実験Time Line(年表)。最新改訂版!
2013-08-05---世界初の研究所で幹細胞から育てられたバーガーは、ロンドンで食べられた。
2013-07-31---人工の耳は研究室で育てられた。
2013-07-29---新しい歯は尿から育てられた。
2013-07-22---幹細胞を利用して、盲目は治せるか!?
2013-07-17---ダウン症候群中の遺伝進歩による治療のステップ。
2013-07-03---骨髄移植は「HIV薬からHIV患者を解放した。」
2013-06-26---脊椎損傷のネズミで、神経細胞は「再成長した。」
2012-11-02---幹細胞opは「精子を回復するかもしれない。」
2012-10-15---1,360万個の幹細胞を体内に投与!頚椎損傷に小さな「希望の光」が灯った!
2012-10-08---山中教授とガードン教授、幹細胞研究でノーベル医学生理学賞を共有。
2012-10-02---GMの雌牛は「低いアレルギー」ミルクを作る。
2012-09-27---逆老化(Reverse aging)?古くなった筋肉を若くする方法を発見!
2012-08-13---パラリンピック大会にあわせ、スペアー・パーツをアートにする展覧会。
2012-07-23---パラリンピック日本代表選手団に車椅子レインコートを提供!
2012-07-23---パラリンピック日本代表選手団に車椅子レインコートを提供!
2012-07-02---中国伝統の「胎盤食」で、闇市場!
2012-06-23---絶滅しそうなスマトラ島のサイが、避難所で出産。幹細胞も確保!
2012-06-12---幹細胞は、死亡したかなり後でも収穫できる。
2012-06-08---世界初!【長屋宏和】神経再生医療に挑戦します!
2012-06-07---パラリンピックを目指す日本人「義足ヌード」カレンダーを発売!
2012-06-03---神経変性疾患の病態解明と治療法を開発。
2012-06-01---私たちは本当に、マンモスのクローンを見ることができるか?
2012-04-16---HIVを攻撃し、破壊する幹細胞を開発。
2012-03-17---車椅子からの新たな挑戦!
2012-03-17---史上初!レッドブル・ボックスカートレースに車椅子ユーザー世界初参戦!
2012-02-19---研究所で培養された、世界初のアーティフィシャル・ハンバーガー。
2010-10-21---オーストリアで、生物工学的腕の運転手が自動車事故を起こした。
2010-08-23---米国法廷は幹細胞研究を増加させる計画を止めようとしている。
2010-01-15---米国の「科学と工学の指針-2010」が発表された。
2009-12-18---米国科学誌「サイエンス」が選ぶ2009年の最も重要な科学。
2009-06-21---脳卒中で手足が麻痺した男性が、ボトックス注射で歩けるようになった。
2007-12-28---胎児のいない幹細胞。
2007-07-26---Womb-on-a-chip(チップ上の子宮)
2006-02-11---脊椎損傷の治療最前線!
2005-05-05---卵子の成長に幹細胞を使用することに成功した。
2003-02-14---クローン羊のドリーが死んだ。
1997-02-22---「ドリー」の存在が世界に発表され、巨大な論議の渦を生んだ。
1966-07-05---クローン羊のドリーが生まれた。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。