gaYa広告

2015年09月14日

イギリスの気象庁は、次の2年間はもっと熱いと警告!

自然

BBC Newsは、イギリスの気象庁(UK's Met Office)は、これまでの研究で、次の2年はグローバルに記録上最も熱いかもしれないと予告した。

今年の夏は暑かったが、それは2016年にも起こるかのしれない。

高齢者、病気の方は。十分に注意する必要がある。

それは気候システムにおいて大きい変化が進行中であるかもしれないと警告し、温室効果ガスは自然な傾向のインパクトを増大させる。

研究は、主要なエルニーニョ(El Niño)イベントが、世界を全体に熱することが期待されている太平洋で作用していることを示す。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

しかし、それは、ヨーロッパの夏が、地球の残りが暖まるので、しばらくより涼しくなるかもしれないとも明らかにした。

科学者は、2015年に、地球の平均表面の温度が記録的なレベルが、1961年-1990年の平均0.68C以上に、または、その近くに続いていることを確認した。

火山性の警告(Volcanic caveat)
気象庁ハドリー・センター・・ディレクター教授スティーブンベルチャー(Met Office Hadley Centre director Prof Stephen Belcher)は「私達は、今年、どのような与えられた年で、けれども非常に暖かな温度で自然なパターンがグローバルな温度に寄与していると知っている。これまでに、(人造)の温室効果ガスの続けられたインパクトを示す。」
「可能性は同様に、来年が暖かであるかもしれないのため、私達の気候が変わり続けることがクリアである。」と言った。

外部の評者として、リーディング大学教授ローアン・サットン(Prof Rowan Sutton, from the University of Reading)は、「大きい火山性の爆発がない限り、グローバルに、2014年、2015年、および2016年がこれまで記録されたことがある非常に最も暖かな年の間にあることが、非常にありそうに見える。」
「これは幸運ではない。私達は、温室効果ガスにより起こされた地球の海洋と大気において着実に蓄積しているエネルギーの効果を見ている。」と確認した。

カリフォルニア執行延期?(California reprieve?)
科学者は、気候システムと長期の自然な海洋傾向、葉と結び付けるCO2の増大効果の組み合わせは、「非常に興味深い」ことのように思われる。
彼らは主要な変化が進行中であるかもしれないことに感付いていると言う。

気象庁からの教授アダム・スカイフ(Prof Adam Scaife from the Met Office)は、「すぐに起こることが、そんなに多くの大きい変化を持つ地球の気候の重要な分岐点である。」と言った。

2つの傾向に近く、中間の時の影響天候パターンは、太平洋にある。
太平洋の流れが、すべての5年を平均でリバースする時に、エルニーニョは起こり、普通干ばつがあり。どしゃ降りをもたらす。
エルニーニョは世界温度を上位に押す傾向がある。

この成長イベントは現在1998のエルニーニョと同様に見えて、サンゴを漂白し、大破壊を世界天候システムにもたらした。
最新イベントは、南アフリカ、東アジア、およびフィリピンの干ばつリスクを増大できた。そして、洪水を南アメリカにもたらした。

1つのよい結果が、損うこと、4年間続いたカリフォルニア干ばつの終わりであるかもしれない。

つまり、気象学的なことでの影響は、アメリカの景気回復を支援するかもしれない。ただし、気象は歯車であり、何かが狂うと大きく異なる傾向がある。

北極の意味(Arctic implication)
2番目の自然な変化は、PDO(Pacific Decadal Oscillation/太平洋十年規模振動)として知られている北太平洋(North Pacific)の10年間の温度パターンでのシフトである。
それは、冷たいフェーズ気象庁が言うことについてあった過去の10年の間、平均的な表面雰囲気に富んだ温度の上昇において休止に寄与していた。
今や、それは暖かなフェーズに入る。
それは一般に、世界をより熱くする。

しかし、別のファクターがある。
これらの2つの暖めているイベントは、冷たいフェーズに北大西洋温度パターン(North Atlantic temperature pattern)により切り換えるAMO(Atlantic Multidecadal Oscillation/大西洋数十年規模振動)部分的にオフセットされる。

科学者は、最近、それらが、どのようにこれらの大きい海洋パターンが人為的な暖めを調整するか、または促進するかをもっとよく知ったと言うけれども、教授サットンは「私達が理解しないビットは、それらのファクターの間の競争である-それは、私達が取り組んでいるものである。」と言った。

従って、研究者は、大西洋の変化は、ヨーロッパが、10年のために、少し涼しく、より乾燥している夏を取ってきそうであることを意味している。もししかし、太平洋のシグナルのため大西洋のシグナルが無効にされないならば、そして、彼らは、まだ、どの影響が広がるかを確信できるはずがない。

大西洋の冷却は、隣接している北極エリアの海氷の回復を引き起こすかもしれない。と言うことができる。

エネルギーインプット(Energy input)
自然な海洋傾向がそれほどよくなく理解された時に、気象庁は、自信過剰な10年間の予測であったといくつかを言ったために懲戒された後に、過去に超用心深い。

いつ、表面を暖めることにおける休止が終わるかを尋ねられる時には、彼らは強調したそれらのパースペクティブから、海洋が熱くなり続けたので、地球の暖めに本当の休止が全然なく、海水面が上がり続けて、氷が溶け続けた。

気象庁からの教授アダム・スカイフは、「私達は、これが減速の終わりであると確信するはずがないけれども、10年間の暖めているレートは、遅くとも2年以内に20世紀のレベルに達しそうである。」と言った。

そして、リーディング大学教授ローアン・サットンは「もし温室をガス駆動に暖めることが衰えなくあり続けているなら、グローバルで、地域の気候への長期の効果は、エルニーニョのような一時的な変動のそれらを小型化する。」と警告した。

2015-08-21---現在モデルが、記録上最も強いエルニーニョを要求していると予測。
2015-07-20---エルニーニョは、歴史上で記録された最強になるかもしれない。
2015-06-10---今年のエルニーニョは、1997-98年より高い記録的な温度!?
2015-05-12---かなり凄いエルニーニョ現象を予測!

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

この記事に関連する日付

【広告】 50歳くらいの男性から、足の角質がどんどん酷くなり、かかと削りを使っても、すぐにまた固くなり、そこが割れて激痛も起こって、困っていたところ、知人に「gaYa-3」を紹介され、最初は、角質がさらに固くなって、どうなるのかと思いましたが、お風呂で軽石で少しコスったら、角質部分が面白いほど取れました。それを数回繰り返したら、足の角質が消えてしまいました。もう、「gaYa-3」が手放せなくなりましたと、連絡をいただきました。ありがとうございます。

gaYa広告