on-the-time.jp

2015年09月14日

ウォズニアックは、Apple ][, Apple ///とNeXTを生かし続けている。

人物

ブライアン・シャフィン(Bryan Chaffin)はMacObserverで、それがコンピュータハードウェアの命名法に関して、生みの親であるスティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniak)は、まだそれをすべてのこれだけに年月が過ぎた後に動くようにして置いていると報告した。

ウォルターアイザックソン(Walter Isaacson)の伝記に基づくアーロン・ソーキン(Aaron Sorkin)とダニー・ボイル(Danny Boyle)の同じ名前の伝記映画についてFacebookポストで、スティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)が、Apple][、アップル///、LISA、およびNeXTの3のケースに言及したとき、ウォズニアック)のそれを使った。

【広告】 最近は、見るからにガサガサで、しわしわの高齢者の肌になってきていたのですが、「gaYa-3」を使ったら、若いころのように肌がつるつるで、プリンプリンになってきました。こんなのははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

ロバート・スコーブル(Robert Scoble)のFacebookに投稿された映画のコメントは、

One thing nobody likes to point out is that John Sculley himself, as well as almost all of us at Apple, believed that the Macintosh was Apple's future. We all sacrificed the growing personal computer market (10x over a decade and MS got all the growth) in this belief. We (Sculley leading) had to work very hard for 3 years to make the Macintosh as successful (in dollars) as the Apple ][ had ever been, following Jobs' vision. The choices can be argued because you can never go back and say what decisions would have what results, but it was a business decision to SAVE Apple as a company, after the stock dropped by a third in about a day when the Macintosh failed to sell due to not much software. Steve Jobs wasn't pushed out of the company. He left. I supported him in his belief that he was made to create computers. But up until then he'd only had failures at creation. He was great at productizing and marketing the Apple ][ and the revenues financed the failures Apple ///, LISA, Macintosh and NeXT. This is not shown in the movie. After the Macintosh failure it's fair to assume that Jobs' left out of his feeling of greatness, and embarrassment about not having achieved it. That is not shown either. This movie is more about Steve Jobs inside, his non-feeling about a lot of things including how others thought of him, and some pushes to reform that in the end.
Some folks, including our friends at AppleInsider, focused on Mr. Wozniak's comments about Steve Jobs leaving Apple on his own, rather than being forced to leave the company in some way. This is well established lore and shouldn't be controversial.

スティーブ・ジョブズはアップルの取締役会にMacintosh部門から追放されたけれども、彼は解雇されなかった。

彼は休息を必要とし、アップルを去ると決めた。

彼は、取締役会に、彼が、アップルに直接匹敵しなかった新しいベンチャーにおいて彼と1握りの人々をつかまえようとしていたと言った。(会社は結局、次であるとみなされた)、つかまれたキーのうちのMacintosh人々のいくらかと、ブギ(boogied/鼻くそ、梅毒という意味もあるが、大いに楽しむboogiewoogieの引用)する。

従って、ジョブズさんはアップルをやめて、押し出されなかったけれども、彼は、すべてのパワーで望み、脱いだ仕事ポジションから無理やり出された後に、そうした。

彼は、アップルの取締役会の会長および彼の能力を群衆覚醒に制限するために1つの無限ループから取り除かれ、建物に追放されるように名目上の指導者として残されていた。

それから、彼はやめた。

それすべては技術的に正確で、確立している。

しかし、何を、エンジニアとして、スティーブ・ウォズニアックが冷静に見ていることに興味深いと言っている。

それはアップルIIではなく、それはApple][である。

そして、それはアップルIIIではなく、それはアップル///である。

LISAはすべてキャップであり、NeXTは、小さなそれらの機器のための適切な明示である「e」を持ち、ウォズニアックはそれをまだ動くようにしておいている。

これは、ブライアン・シャフィンをくすぐるいくらかの理由がある。

映画について

たとえ彼が、それが全体のいくつかの場面を作ると言っても、ウォズニアックは映画が好きである。

彼のポストとインタビューによると、彼は先週ハリウッドで端を経た締め切りを与えた。
彼は、捕らえられたフィルムを、スティーブ・ジョブズと働くことの心と考える。

【広告】 50歳くらいの男性の話しを聞いて、私も足の角質で困っていたので早速、割安の100mlの「gaYa-3」を購入して使ってみました。角質はまるで石けん洗っても落ちない垢のようですね!それを「gaYa-3」が浮かせてくれる。2〜3回は、お風呂で軽石で少しコスったのですが、その後は手でマッサージするだけでボロボロ無駄な角質が取れました。今ではひじなどの角質にも使っていますと、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。