2015年09月13日

フランスの作家シャトーブリアンは、墓の回想録をかき混ぜる。

電子ブック言語教育

BBC Newsは、弁護士のオフィスに預けられた価値ある物は、どんなポイントで、その弁護士の財産になるか? 1世紀? 2世紀? 決してありえない?

家業が5世代帰る弁護士パスカル・デュフール(Pascal Dufour)は、フランスの最も有名な本のうちの1冊のオリジナルの原稿で、墓を越える回想録を売ろうとするので、フランソワルネ・デ・シャトーブリアン(Francois-Rene de Chateaubriand/1768-1848)で起訴されている。

【広告】 春夏秋冬、肌は油断大敵です。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

パスカル・デュフールは、原稿は「res derelicta」という法律にある捨てられた何かで、そして、彼は、彼が決意するとそれを処理する権利を持っていると言う。

最初、彼の頭において法律を倒した2013年に作品を売ることが、彼の入札であった。

彼に反対することは検察のオフィスである。
それは、現在非常に遠い相続人として、「悪化した背任(aggravated breach of trust)」のためシャトーブリアンを告発した。

物語は、1836年に、子爵デ・シャトーブリアン(Vicomte de Chateaubriand)に始まる。
そして、ロマンチックな文学的なライオンとして、68年間の、長い間設立された。彼の待望の回想録として、権利の上で、彼の出版社に同感である。

年間収入のかわりに、シャトーブリアンは彼の死において、しかし、それの前の出版社は、彼の長い生涯の記憶の42巻をリリースできたと言った。
それゆえ、それらの名前は、墓を越える回想録(Memoirs from Beyond the Tomb)になった。

本はロマンチックなクラシックになり続けて、抜粋はこの日にフランスのリセ学生(French lycee students)により勉強される。

契約を封印するために、パリの法律事務所で、彼の秘書により書かれた原稿、およびシャトーブリアンの自身の手でサインしたものが預けられた。
金庫は3つのロックおよび3つのキーを持って、それぞれ子爵、出版社、および弁護士に与えられた。

その方法は、壊されるシャトーブリアンの希望の危険が全然なかった。

彼の死の1年前、1847年に、再び3つのキーが結合されて、回想録の新しく、よりいっぱいのバージョンは、金庫のオリジナルを取り替えた。
これが、今日の法廷闘争の中心の原稿である。

パスカル・デュフールはジーン・デュフール(Jean Dufour)のthe great-great-great-grandsonひひひ孫息子であり、シャトーブリアンの弁護士のオフィスの事務員であり、結局、それを引き継いだ。
介在世代の時のすべてのデュフールは同じパリ法律事務所を経営した。

2年前-原稿を€400,000(£290,000/US$446,000)から€500,000の間と見積もらせた後に、彼は、パリ販売家ドルオーでオークションのためにそれを示した。

しかし、国の検察が介在した後に、販売は止められた。

検察のために、時間は非物質的である。
彼の議論によると、法律事務所はそうである。そして、いつも単なる保管所である-。
世代に貴重な人工物を保持している事実は、弁護士所有権を与えない。

それどころか、デュフールの弁護士パトリック・メゾヌーブは、「原稿は、法律事務所で、『預けられる』ではなかった。原稿が捨てられたので、私のクライアントはオーナーである。」と言う。

こんなのは、ヨーロッパには一杯ある。
例えば、私に恩師ハンス・ビッドマン教授(Prof.Dr.Dr. Hans Widmann)と一緒にマインツ私立図書館の羊皮紙本の書庫に行ったとき、消して大きな図書館ではないが、数100冊の本が四方の書棚に天井まで保存され、唖然とした。それまであまり市立図書館に行かず、大学の図書館ばかりを利用していたが、ときどき立図書館にも行くようになり、館長を顔が合うと、私を手招きして、いろいろ珍しい本を見せてくれた。中には、グーテンベルグの戸籍謄本の写しなどもあり、そこには彫金師で、グーテンベルグの兄の出生届もあった。もちろん住所もあるわけで、納税証明書まであった。
ただし、一般の人が見ても読めるはずも無いような手書きの文字である。

館長が、指で示しながら、訳してくれた。

こんなのは、値段が付けられない!

グーテンベルグの42行聖書が安く感じるだろう。
帰ろうとすると、また来なさいといつも言ってくれた。

しかし、もう代も変わっただろう。

【広告】 シャワーのときに、石けんで洗う必要がない。チェビー・チェイスの女性のための消化剤センターの創立者ロビーネ・チュツカン医学博士は、毎日シャワーと石けんで汚れをこすり落とすことによって、私達は、良いバクテリアを皮膚からはいでいるといっている。汗まみれの運動の後でさえ、「gaYa-3」でオイル・パックをして、洗い流すことによって、水では落ちない泥や垢などの汚れを清潔にできます。

【広告】 60歳代のダンス・インストラクターの方から、顔から首、胸へ毎日「gaYa-3」を使ってます。こんな凄いオイルははじめてです。と、ご連絡をいただきました。ありがとうございます。いつもお体を気にされている方からのご意見に感激いたします。

この記事に関連する外部のサイト

gaYa広告