on-the-time.jp

2015年09月14日

松戸市で、警官3人が拳銃13発を発砲!

健康

朝日新聞デジタルは、千葉県松戸市稔台1丁目の路上で、「女性が犬にかまれた。」と110番通報があった。

県警松戸署によると、警察官3人が駆けつけたところ、犬が飼い主の71歳の男性に覆いかぶさってかみついてた。

【広告】 クレオパトラは、ほとんど裸で生活していたと言われ、彼女は椰子油を全身に塗り、朝と晩にそれらを洗い流していたと言われている。つまり、椰子油の全身パックを毎日2回していたことになり、もしそれが事実なら彼女の肌は吸い付くようにつるつるで、ぷるるんとしていたことだろう。

警察官にも襲いかかってきたため、警察官3人で拳銃13発を発砲したという。松戸市の23歳の女性と飼い主の男性が左腕などをかまれてけがをした。

犬はその場で射殺されたと伝えている。

日本には狂犬病はほとんど無いと言われているが、ネパールで自転車に乗っていて転んだら、擦り傷でも狂犬病の予防注射を打つように言われた。

日本を一歩外に出たら、狂犬病(Rabies)に敏感になる!
狂犬病(Rabies)は、犬に限らない!

カトマンズで真夜中に友人の家から帰るときに、犬に吠えられたが、棒をいつも持っていたので、叩きのめしたことがある。ただし、ネパール人に言わせると、昔は夜中に荷馬車の下に虎やヒョウが隠れていたと聞かされていたので、そちらの方が怖かった。
たとえ剣道の経験があっても、虎やヒョウも棒では勝てない。
それを知人に話したら、真夜中にカトマンズの中を歩くだけで無謀だと言われた。

確かに4kmほど歩いたが、誰とも出会わなかった。

カンボジアで夜11時頃歩いていたら犬に吠えられ、周囲の人が一斉に私の後ろに隠れた!

やばいと思ったので、先頭の犬のあごに蹴りを入れたら、一気にすべての犬が逃げていった。
私の後ろに隠れたカンボジア人が、私の肩を叩き。親指を立てていた。

カンボジアはまだ狂犬病(Rabies)があるのだろう。

2015年04月13日に、インドネシアの人気リゾート地バリ島で「野良犬を殺せ」と州知事が号令をかけたと報告している。犬好きが多い島で狂犬病が広がれば、観光に影響が出かねないためだが、島では犬の放し飼いが当たり前。野良犬と見分けるのは難しく、やり過ぎとの批判が出ていると報告した。

砂浜が1km以上も続く、バリ島きっての観光地クタ・ビーチで人々になつき、風景の一部になってきた野良犬たちが、今2015年02月に入ってほぼ姿を消した。
その原因は、2015年01月下旬、砂浜で遊んでいたオーストラリア人の観光客の少女が、野良犬に足をかまれる事件があった。
この犬は地元の動物保護団体が狂犬病ワクチンを事件前に接種済み。少女も軽傷だった。
だが、一件落着とはならず、1月末から2月にかけて、浜を縄張りにするほとんどの野良犬を地元の役人が捕まえたという。

この事件は島全体に影響する事態を招いた。
インドネシアは、宗教上の理由で犬を嫌うイスラム教徒が国民の8割に上る。しかし、バリ州は人口420万人の9割がバリ・ヒンドゥー教徒で、犬への抵抗感は住民になく、島には推定40万匹の犬がいる。しかし、同州では2008年以降、狂犬病で151人が死んだと報告している。

【広告】 乾燥肌にご注意ください。慢性化することがあるそうです。全身ボディパック「gaYa-3」をお試しください。

【広告】 あなたがシャワーを使うときに犯している誤り!健康的で、清潔と考えて、そのシャワーを使うときの誤りで、あなたは発疹と乾燥肌を起こすかもしれない。美容と医学の科学専門家アマディン・イスナール(Amadine Isnard)は、熱いお湯がオイルを剥ぎ取ると教えた。例えば、汚い皿を洗うために私達が熱いお湯を使用する理由であると言っている。